04. 「音楽」に関するあれこれ

2013年1月25日 (金)

わが家の絶対音感教育


ついでにこれも書いておこう...

音楽をやっている人間に子どもができると見る夢。その1つに「わが子に絶対音感を!」があるのではないだろうか。特に親自身が音楽を始めた時期が遅く、エリート音楽人との差がどうしても気になる場合には「せめてわが子には!」と思うのだろう。実は、まあ、妻がその口で...(苦笑)。

息子のときも娘のときも、妻はしきりに音楽をやらせたがった。とは言っても毎日普通に仕事があるので、本当に何かをやらせるのなら俺が本気にならなくてはならない。俺的には、クラシック一家でもないのにそこまでしなくても...

まあ、俺も後発の音楽人。コンプレックスは多分にある。ただ俺の場合、「その思いを子どもに!」とは思わない。何か習うのなら俺が習いたいし、夢なら俺自身が叶えたい。いつでも主役は俺、俺、俺...(笑)。で、とりあえず俺が勉強してみることにした。(→『絶対音感』)

まずは俺の勉強。ついでに息子(当時4歳半)を使って実験、というスタンス。あわよくば俺にも絶対音感が...(笑)。

やり始めるとつい本気になるタイプ。

以下、わが家の絶対音感教育について簡単に書いてみる。


使ったテキストは↓これ。

『新・絶対音感プログラム~才能は身につけられる~』
(江口寿子・江口彩子共著)

絶対音感習得の方法には2パターンある。1つは単音から始めて和音に広げていく方法。もう1つは和音をマスターしてから単音に分解していく方法だ。俺がやってみたのは後者。和音と「色の旗」を結びつけて遊び感覚で覚えていく。用意するのは色画用紙と割箸で作った三角の旗。

 ド・ミ・ソ(C) → 赤の旗
 ド・ファ・ラ(F) → 黄の旗
 シ・レ・ソ(G) → 青の旗 など全15~24和音

で、ピアノの鍵盤が見えないように息子を立たせたら、まずは俺がドミソを「ジャ~ン♪」と弾いて「これが赤な」と教える。で、「赤が聞こえたら『あか~』って言いながら赤の旗を上げてね」。

 「ジャ~ン♪」「あか~」「正解!」
  「ジャ~ン♪」「あか~」「そう!」
   「ジャ~ン♪」「あか~」「よ~し!」・・・

これをひたすら繰り返す。1回1~2分。1日3~4回。約3週間、ずっと「赤(ドミソ)」だけ。息子はわけもわからず楽しそうにやってくれた。子どもは無邪気だ(笑)。練習の後には「よ~し、よくやったぁ」と抱っこしてハグハグするのも忘れずに。

3週間後、いよいよ黄色(ドファラ)に進む。俺がドファラを「ジャーン♪」と弾いて「これが黄色な」と教え、「さあ、赤と黄色、どっちが聞こえるかな~」。

 「ジャ~ン♪」「あか~」「正解!」
  「ジャ~ン♪」「あか~」「そう!」
   「ジャ~ン♪」「あか~」「よし!」・・・

 「ジャ~ン♪」「あか~」「そう!」
  「ジャ~ン♪」「あか~」「そう!」
   「ジャーン♪」「きいろ~」「正解~っ!」

「よ~し!すごいすご~いっ!」と大ハグ(笑)。散々聞いてきた赤との違いで黄色はすぐにわかる。最初は赤と黄色の割合は 9:1 ぐらい。徐々に 8:2、7:3 と黄色の割合を増やしていき、2週間後には 5:5 。どっちを先に弾いても確実に赤と黄色を聞き分けられるようになった。

同じやり方で青(シレソ)を3週間でクリア。ただ、毎日々々朝昼晩とやっていると、さすがに飽きる(息子がね。俺はやる気満々 笑)。英語のときと同じで、機嫌のいいときに上手~く誘わないとやってくれない。眠かったり、他の遊びに気をとられてたりするとミスを連発し、益々やる気が失せてしまう。

次の3週間で黒(ラドファ)もマスター。ほぼノーミスで4種の和音を聞き分けるようになった。妻と俺が驚愕の表情で「すごいね!」と言うと、息子は「かんたんですよぉ」とおどけた。

しかし息子の快進撃もここまで。緑(レソシ)が加わって5種類になると混乱してミスが多くなった。どうやら黄色と緑が同じに聞こえるらしい。間違えるからつまらない。つまらないから練習しない。練習しないからわからない...という悪循環に陥り、練習は1日1回がやっと。まったくやらない日も増えていった。それでも5ヶ月間、俺と息子は細々と練習を続けた。

混乱してきたときの対処法も上記教則本には書いてある。でも俺、英語と違って音楽は... 説明を読んでも理解するのに時間がかかって辛い。順調にいっている時は楽しかったが、嫌そうな息子を見ていると、「そこまでしてやることか...」という疑念が湧いてくる。

倦怠感(諦めムード)と戦う最後の手段。「マスターしてから次に進む」という原則を無視してオレンジ(ミソド)をスタート。しかしそれも焼け石に水だった。

そんなある日、家族の会話。

妻:「最近、音楽の練習やってないんじゃないの?」
俺:「あ、よし、ひなた! 音楽の練習~っ!」
息子:「ひなた、もう音楽の練習 やりたくない...」

 カンカンカ~ン♪ (ゴング音)

 習い事の大原則 : 嫌がったら止める。

というわけで、
約10ヶ月に及ぶ息子の絶対音感教育は終わった。


ちなみに上記教則本の先生は、当然のことながらピアノ教室を開いており、この絶対音感訓練も、普通のピアノの練習(曲を弾く練習)の補足としてやっている。

ところが俺ときたら、いくら旗を使ってゲーム的にやったとはいえ、これだけをストイックにやっていたわけだから、つまらないのは当たり前。あまりにも体育会的な、音楽的でない、バカな練習だったかもしれない(苦笑)。

でもまあ俺としては、息子との良い思い出ができた。
息子よ、ありがとう。ごめんね。(笑)


それから数年後...

で、娘のほうは、妻の意向で某チェーン系の音楽教室に通っている。この教室に「幼児科」から通っていると自然と絶対音感がつくこともあるらしい(少なくとも音感はよくなるよな)。

幼児科は保護者同伴なので、俺も毎週レッスンを一緒に受けている。happy01scissors 俺の音感も良くなりそうで嬉しい。最近は俺、「ヘ音記号」が読めるようになってきたよ(笑)。娘がレッスンを楽しんでいるかは微妙だが、俺の音楽力向上のために是非、娘にはレッスンを続けてほしい。


そして最近、音楽が嫌いになりかけていた息子も、同じ場所でピアノを習い始めた。きっかけは、娘と俺がレッスンを受けている間、ひとりでロビーで待つのが嫌だったから(笑)。でもまあ、毎回楽しくレッスンを受けているようで(娘より全然楽しそう)、めきめきと上達している。

絶対音感トレの傷は、もう完全に癒えたと思われる。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

ビートルズがわからない

未だにジョンとポールの声が聞き分けられない(笑)。昔は顔も見分けがつかなかったし。そもそも外人のくせに主役が2人もいやがって、全員同じようなギター持ってて(ポールが持ってるのがベースだったとは!)・・・わかりにくいったらありゃしない!

ま、冗談はさておき、

いろんな曲がありすぎるのだ。どの曲も同じに聞こえる個性派バンドと違って、つかみどころがない。どういうのがビートルズサウンドなの? ビートルズの真髄って? 多才なバリエーション、つかみどころのなさ、それが天才ビートルズということなのだろうか。

実際これだけ多くの人が熱狂・心酔しているというのに、俺にはいまいちピンと来ないのが、どうも気持ち悪い。音楽人として何か決定的なものを聞き逃しているのではと不安になる。(ってほどではないけど、なんかね...)


ちなみに中学生の時、はじめて買ってもらったLPが 『LET IT BE』 だった。英語好きだった俺に母親がプレゼントしてくれたのだが、当時もそれほどハマらなかったなあ。

惜しい! 中学生の時にビートルズに出合って... ってめちゃくちゃ音楽人っぽいのに。あのときハマってれば今頃は...(笑)。


でも日本の現代音楽(ポップス)を作っている人たちのほとんどが、ビートルズの絶大なる影響を受けているということは、リスナーである俺も間接的には影響を受けまくっているはず。

あまりそういう自覚はないが、存在を感じないぐらいに影響を受けているって、空気とか、神様とか、ビートルズはやっぱそういう存在なのかなあ。


Banner_02  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (10)

2010年5月21日 (金)

ザル理論


 『生物と無生物のあいだ』 (福岡伸一)

という、ちょっと難しい本がある。(俺は2ページで挫折・・・)

内容はタイトルの通り、分子生物学者である著者が「生きてる」と「生きてない」の境目を分子レベルで考察していくというもの。(たぶん)

随分前だが、この教授がたまたま爆笑問題の教養番組(NHK)に出ていたのを見た。教授曰く、

分子は常に入れ替わっている。ヒトの場合だと2~3ヶ月も経てば分子的には完全に入れ替わる。久しぶりに会った人たちが、

「どうもお久しぶりです。お変わりありませんか」
「はい、相変わらずです」

なんて言ってるけど、分子レベルで考えると、実はお変わりありまくり(≒別人)、らしい。


この話を聞いて俺は思った。

そうか、今現在の俺は、この2~3ヶ月で作られた俺なんだな。

ということは・・・ 例えばライブ前の3ヶ月間、プロのように毎日毎日音楽漬けの暮らしをすれば、体中の分子が音楽仕様になり、本番ではそれなりのパフォーマンスができるのでは?


音楽を始めて約20年。
細々、切れ切れの活動。

ライブ前に慌てて練習して、
失敗して落ち込んで。

もう1度立ち上がって練習して、
一瞬ちょっと上手くなって、

でもまたいつしかギターに埃・・・

その繰り返し。
未だに下手っぴぃ。

まさにザル。
俺の「ザル理論」。

せめて3ヶ月。
水がこぼれ落ちる前に・・・


なんて、邪道なことを考える。


↓応援クリックはこちら
Banner_02 ありがと~♪


| | コメント (3)

2010年5月 7日 (金)

擦り切れたジーンズ

今は流行っているのかどうか知らないが、ロック的なファッションとして「擦り切れたジーンズ」というのがある。カッコいいので真似したいとも思うのだが、しかしよく観察してみると、擦り切れているのは膝(ひざ)ではなく腿(もも)のあたりが多い。あれは一体どういうコンセプトなのだろうか。

俺も主夫として日々膝をついて掃除をしているので、ジーンズはすぐに擦り切れる。場所は右膝のちょっと下あたりだ。だんだん穴が大きくなってくると履くときに爪先が引っかかって履きにくくなり、「えーい、こんなもの!」と買い替えることになる。

主夫でなくても、労働者なら、擦り切れる場所はやはり膝のはずだ。

俺の勝手な解釈かもしれないが、ロックにしろ、ブルースにしろ、元々は下層階級(労働者階級)の音楽だと思うので、擦り切れたジーンズはその象徴だと思っていたのだが・・・

腿が擦り切れるというのはどういうことか。ナイフや熊手で喧嘩でもしたというコンセプトか。それとも有刺鉄線の張り巡らされた刑務所の壁を乗り越えてきたというイメージか。何というか野蛮(あるいは茶番)だなあ・・・

俺がいつかステージに立つとき、どうせジーンズを履くなら、膝の擦り切れたリアルなジーンズを履こうと思う。日々の主夫労働で擦り切れたリアルなジーンズを。

(貧乏っぽくてカッコ悪いのかな・・・)


↓1日1回、応援クリック!(笑)
Banner_02 ありがと~♪

| | コメント (2)

2010年4月20日 (火)

目指しているのは・・・

《ギタリスト》ではない。それは分かっている。だから『ギター修行日記』というのは嘘なのだが、始めてしまったので仕方がない。(許して!)

俺が目指しているのはギターを弾きながらオリジナル・ソングを歌うことで、やはり主眼は「歌うこと」、もっと言えば「歌の内容=歌詞」なんだと思う。ブログを書いていて、たまに困ることがある。俺が目指しているこの状態をどう呼ぼうかと。


《歌手(シンガー、ボーカリスト)》
これは歌唱力(表現力)を重視する言い方のような気がする。それがあるに越したことはないが、俺の場合、歌の上手さは目指さないほうがいい・・・(苦笑)。

《歌うたい》
これは独特の響きがあって、「おいらぁ、しがない歌うたい」と言った場合、謙遜の裏側に確固としたプライドが隠れているような、何となくキザなイメージだ。それなりの人が使うとカッコいいが、俺が使うのはまったくもっておこがましい。

《シンガー・ソングライター》
「自分の歌を書く」ことに主眼がありそうなので悪くない。でもプロでもないのに気恥ずかしい。それほどの歌、作ってませんし。それに何でもかんでもカタカナ英語で表現するのは、翻訳をかじっている者として気が引ける。漢字(中国語)ならいいのか?という一人ツッコミを入れつつも、はやり「シンガー・ソングライター」は長くて場所をとるので使い勝手が悪い。

《ミュージシャン(音楽家)》
これは全然違う。音符もろくに読めないんだし・・・(苦笑)。

《アーティスト》
マスコミなんかでは音楽番組に出る芸能人をこう呼んでいるけど、アーティストって「芸術家」でしょ? なんか大袈裟な感じがする。特に俺が自称するなんて問題外!


なかなか難しい。そこでもう一回、ギターのことを考える。ステージに立った自分をイメージしてみる。やはり俺はギター(アコギ)を抱えていなくてはならない。下手くそなギターなど捨ててしまい、詩の朗読でもしてやろか、とは思わない。ギターがあってこそ、メロディーがあってこそ、言いたいことが言える。武士に剣、鬼に金棒、俺にギターだ。


《ギターの弾き語り》
やはりこの呼び方しかない。「ギター」も入っているし、「語り」も入っている。「弾き語り」という名詞は、それをする「人」を表すというよりも、その「行為」を表すことのほうが多そうで、あまり使い勝手は良くないのだが、プロ・アマを問わず使えるし、とりあえず当分はこれで行こうと思っている。

俺は「ギター弾き語り」を目指している。


Banner_02

| | コメント (4)

2010年2月 3日 (水)

音楽理論

去年の暮れあたりから、某通信講座で音楽理論を勉強している。そんなに大それた勉強ではないのだけれど、コード進行の基本ぐらいは学んでみたいな、と思って。

(またそんなこと・・・)

いやいや、大丈夫! 
ちゃんと目標(今年中にオリジナル10曲)は達成しますから!


♪ 遠回り~ 遠回りするのさ~ 
   どんな道草にも花は咲く~♪

      (モアリズム『笑う花』より)


Banner_02


| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

THE SONGWRITERS

ちょっと前、NHKで 『THE SONGWRITERS』 という番組がやっていた。司会の佐野元春が、いわゆるシンガーソングライターと呼ばれる人たちをゲストに迎え、曲作り(特に歌詞)についてあれこれトークする番組だ。たまたま番組の宣伝を見たとき、「お、これは!」と思い、毎回録画して熱心に見ていた。以下、印象に残っている発言などを書いてみる。

さだまさし
歌詞には色はもちろん、匂いや温度を感じさせることが大切(大草原に降る雨 → 草の匂い、都会に降る夕立 → アスファルトの匂い、など)。五感に訴えかけるということですね。

松本隆
「アカデミックな評価なんてどうでもいい。大切なのは大衆に支持されるかどうか」

スガシカオ
身の回りにいつもICレコーダー。真似して俺も買っちゃいました(笑)。でもスガ氏曰く「気休めなので、そこから曲ができたことはない」とか。それも真似しちゃいそうです。

矢野顕子
カバー曲をやるときは、まず歌詞をチェック。一言でも自分の中にない言葉が使われてたら、それはやらない。

Kj (Dragon Ash)
「ロックバンドは来週もライブができると思ったらおしまい。1回1回、自分のすべてをここ(ステージ)に置いていくつもりで・・・」


なるほど~。是非参考にさせてもらおう!


でも実は、一番印象に残ったのは司会の佐野元春。歌は 『Someday』 しか知らないし、顔も人柄も知らなかったけど、こういう人だったのね。いい味出してる(笑)。

さだまさしがトークの冒頭で、「佐野君、天然だからな~」といって不安がっていたが(ボケても突っ込んでくれなそう、という意味で)、どうやら佐野元春は「真面目=天然」なキャラで通っているらしい。

あ、これいいかも、と思った。

俺はあそこまで天然ではないけれど、まあどちらかというと真面目で、なんでもかんでも真剣に語りたいタイプ。軽快な「ボケ&突っ込み」トークはあまり得意ではない。(ちょっとはできますけど) いっそ俺も、佐野元春のような天然を決め込んでしまえば、そういうトークから解放してもらえるかもしれない・・・

とりあえず佐野元春は、俺のデビュー時の対外的なキャラ設定に少なからず影響を与えそうだ。(笑)


ま、それはさておき、この番組の冒頭で毎回流れていた佐野元春の語りが今も耳に残っている。

 僕はポピュラー音楽のソングライター達こそが、
現代の詩人なのではないかと・・・
 ポップソングは時代の表現であり、時代を超えたポエトリー
 僕はそう思ってます

(だったかな?)

何事も茶化すことなく、大真面目に語る佐野元春のまっすぐな瞳が眩しかった。


Banner_02


| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

絶対音感

今こんな本を読んでます。

新・絶対音感プログラム
 ~才能は身につけられる~

江口寿子・江口彩子共著

こんなのも買ってしまいました。

CD 『絶対音感 ~その習得のすべて~
CD 『絶対音感なんて恐くない


やれることはすべてやろうと思いまして。

続報がなければ挫折したと思ってください(笑)。


Banner_02


| | コメント (4)

2008年9月24日 (水)

ポップスの力

先日、自転車でちょっと出かけた。耳にはウォークマン。フォークはちょっと飽きたので、10年以上前に妻が俺用に編集してくれた励ましソング集「おおちゃん、ガンバレ!」(笑)を引っぱり出してきて聞いてみた。

『Peach』 福山雅治
『今宵の月のように』 エレファント・カシマシ
『旅人よ」』爆風スランプ
『終わりなき旅」』ミスチル
『ロビンソン」』スピッツ
『Give Me a Chance』 Something Else など。

最近ちょっと元気がなかったせいもあり、懐かしさもあり、ちょっと沁みた。

自分で詞を書く時にはストレートなメッセージソングは妙に照れくさく、いつしかアングラ的な路線を狙うようになってしまったが、流行のポップスで歌われている歌詞はいつの時代もだいたい直球勝負。それがメロディーに乗り伴奏がつき、何故か不思議な力を発揮する。どの曲もよくできているなあと感心した。

そしてそんな歌が単純に人を勇気付ける。

俺も元気になってしまった(単純)。

出かける時に降っていた小雨はいつしか止み、帰り道では雲から青空が覗いていた。


Banner_02


| | コメント (4)

2008年8月18日 (月)

ギター再開!

ようやくギター練習再開です。

まずは弦を張り替えました。思い切ってエクストラ・ライト。楽器屋には「矢井田瞳が使ってる!」みたいなことが書いてありました(笑)。細くて柔らかくて指に優しいです。ストロークで弾いた時のシャリ~ン♪という感じが気持ちよく、思わず「大往生」を弾き語っちゃいました。(ん、けっこういいんじゃん?)

で、とりあえずの課題曲。

1. 「風になれたら」 渡辺美里
2. 「Tears In Heaven」 Eric Clapton
3. 「前夜(桃花鳥)」 さだまさし
4. 「空に星が綺麗」 斉藤和義

1と2は育休前にやり残した曲。3は新曲。ストローク系も練習したいということで4を入れました。

人前でやるチャンスは当分ないと思うので、途中でつっかえずに3回連続で弾き語れたら合格ってことにします。・・・なんかカワイイな(笑)。


Banner_02


| | コメント (2)

より以前の記事一覧