« さよなら、おばちゃん | トップページ | あごがはれる »

2008年12月 5日 (金)

農家日記(番外編)

風邪で体調を崩すわ、おばちゃんが死ぬわで、なんともブルーな11月初め、コメント欄でお馴染みの天ちゃんに誘われ、再びフォーク酒場「農家」を訪れた。

この日の『歌会』(素人弾き語り大会)は天ちゃんがゲストシンガー(30分×2ステージ+司会)。天ちゃんは去年の夏に俺とここを訪れて以来、「農家のアイドル」と呼ばれるほど人気を博しているとか。くたびれたサラリーマンは完全に変身し、夜の酒場のヒーローになっていたのだ(笑)。サラリーマンの仕事は猛烈に忙しく、毎日残業残業でヘロヘロらしいが、スポットライトを浴びながら歌い、語る天ちゃんはとても幸せそうだった。

人気が出たら出たで、集客やら何やら別のプレッシャーもあるみたいだが、そこはアマチュア同士、出来る限り協力したいところ。お互い励ましあってがんばっていきましょう、天ちゃん!

グッドマンからも2人ほど天ちゃんの応援に駆けつけていて、久々に再会。グッドマンの『フォークいろいろ何でもDAY』は相変わらずそんなに流行ってないらしく(笑)、「早く戻ってきてくださいよ」と言われた。う~ん、そんなこと言われると行きたくなってしまうが、今は家族のため、我慢、我慢。


さて、俺の出し物は・・・

今は活動休止中なのでフォークの持ちネタは温存。新しい曲を練習するのも面倒なので、昔のバンド仲間のおかっぺにギターを弾いてもらい、当時コピーした曲をやることに。(歌に専念して歌トレの成果を試したいという気持ちもあった)

『6月はRainy Blues』 (Ziggy)

Ziggy は80年代末のバンドブームにちょっと流行ったバンドで『GLORIA』がまあまあ有名。大学1年のころにかなりハマって毎日聞いていた。『6月は~』は俺が初めてスタジオ入りして歌った4曲のうちの1曲で、思い出深いバラードだ。カラオケ狂だった当時の「歌いたい!」という原点を思い出し・・・ってほど気合は入っていなかったが、まあ、気軽にさらっと歌ってみた。

で、出来の方は・・・ 

まあまあですかね。歌トレの成果は微妙。ちょっとは声に伸びが出たような、昔とまったく同じだったような・・・。でもギターを弾かなかったせいか、今回は全然緊張しなかった(代わりにおかっぺは手が震えてたらしいけど)。やはりギターが俺を緊張させているんだなと再発見した。一ヶ所、声が裏返ったのが悔しかったが、まあ、それなりに気持ちよく歌うことができたと思う。


さて、この日はおかっぺ以外にも、同じく昔のバンド仲間のセトを誘っていた。なかなかバンド仲間が見つからない孤高のパンク・ロッカーのセトにとって、この日はソロの弾き語りとしてのデビューの日でもあった。仕事で遅れて9時ごろ登場。歌会は終盤にさしかかっており、すぐに順番が回ってきたのだが、セトは遠慮して1順目をパス。天ちゃんの2ステージ目が終わり、店が静かになってきた2順目のだらだらタイム。歌は・・・

『MOTHER』 ジョン・レノン

夜も更け、しんみりとしたフォーク酒場に、ガッ、ガガッと武骨なアコギサウンド、そして、粗野で荒々しい絶叫が「寒々と」響きわたった(笑)。セトはもともと歌やギターの上手さを売りにしているわけではない。だがらこの日の出来も、俺から見ればいつも通りカッコよかった。ワイシャツにネクタイをしているが、全然サラリーマンに見えないところがいい(笑)。下手くそ、と一蹴する客も当然いるだろうが、心の奥のほうを打たれる客が出てくる可能性はある(あくまで可能性だよ)。そんな気がした。ところがセトは、

「自分のダメさを改めて痛感した・・・」

とセトにあるまじき弱気発言(笑)。どうやら演奏前(演奏中)に相当緊張したらしく、そのビビりぐあいが自分で情けなかったようだ。応援に駆けつけた新妻アッキーに慰められ、一命は取り留めたようだが、この日はセトのロック人生、最大の危機だったのかもしれない(笑)。

でもその緊張感、その挫折感、痛いほどよくわかる。俺がかつて憧れたパンクロッカー・セトも案外俺と同じなのかなと思うと、ちょっと嬉しくもあった。演奏後のカウンターでビールを注ぎあいながら、「まあ、慣れだよ」と、弾き語りの先輩としてちょっといい気になっている俺なのであった。


落ち込むセトをよそに、農家の歌会は今回も満席・大盛況のうちに幕を閉じた(天ちゃんお疲れ様、よかったね)。だが、俺にしろ、セトにしろ、その他の人々にしろ、全体の盛り上がりとは別に、それぞれにドラマがあり、思いがある。素人歌合戦の「歌会」はたぶん、参加した人ひとりひとりがみんな主役なんだよな、そんなことを思いながら久々の夜の街をあとにした。
 
 
Click please !
Banner_02

|

« さよなら、おばちゃん | トップページ | あごがはれる »

07. ぷちぷちライブ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ブログ拝見させていただきました♪いろいろあって大変でしたね。でも、歌にも何事にもチャレンジしていってください。応援しています!応援ポチっとしていきますね♪

投稿: 飯田@10kg減量成功♪ | 2008年12月 6日 (土) 18時11分

思ったほど緊張はしなかったよ。
顔をあげ、カウンター席をみてみると・・
なぁ~んだ、背中しかみえない。みんな
見てないし聞いてもいないのねっ感じ。
でも・・・ギター弾き始めたら手じゃなくて
足が震えはじめちゃって。けっこう冷静だった
はずなのに、最後まで足の震えは止まりません
でした。

投稿: おかっぺ | 2008年12月 7日 (日) 01時27分

「農家」に来て下さった皆さん有難うございました。
そうだよね、「歌会」のキャッチフレーズは「皆さんがゲスト」なんだよね。
私もあまりなれていないから、メインゲストの時は盛り上げるのに精一杯。
終わってから気がついたのだが、皆さん均一に気配りが出来ていたか?楽しんで頂けたか?心配になりました。
このブロク読んで勉強になります。
今度、みんなでメインゲストでなく飛び入りで(企画もんで)「全員でのコラボ」で楽しみましょうか?

投稿: 天ちゃん | 2008年12月 7日 (日) 18時20分

>飯田@10㎏減量成功♪さん
はじめまして。コメント&応援のポチッ、ありがとうございました。
ダイエットですかぁ・・・(苦笑)
お互いがんばりましょう!

>おかっぺ
どうもどうも。共演、ありがとね。

「みんな見てないし聞いてもいない」って・・・(苦笑)、いやいや、奥の暗がりで誰かが感動してたかもよ。どこかで誰かが見ている聞いている、そう信じてがんばりましょう!

その震え方、たぶん俺と同じ。頭だけは妙に冷静なんだよね。

>天ちゃん
どうもどうも、ほんと、お疲れ様でした。楽しかったです。

「気配り」ちゃんと出来てましたよ。ってか、あの腰の低さは司会者としても十分才能があるような(笑)。細かいことは気にせず、いつまでも自然(天然?)な天ちゃんでいてください。

投稿: takuya | 2008年12月 8日 (月) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら、おばちゃん | トップページ | あごがはれる »