« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

便秘

俺は昔から比較的快便。

最近は快便を通り越して1日5、6回 ?!

年をとると小便が近いとは聞いたことはあるが、大便が近いとは・・・

妻は「よくそんなに出るな。人生の何分の1かは確実にウンコと耳掻きに費やしてるな」と呆れている。
 
  
さて、そんな快便な俺は便秘の苦しみをあまり知らない。しかし日々思索がめぐり、ブログのネタが溜まってくると、出したくて(書きたくて)たまらなくなる。慢性的な便秘状態だ。

出したくても時間がない。
やっと時間を見つけても、さらっとは書けない。
 
  
お、出そう。 う~ん、 う~~~ん。

・・・ ふ~っ (汗)。
 

ずっと溜まっていたネタを放出した時には、たとえそれがつまらん自己満記事だったとしても、心地よい爽快感に包まれる。

最近はちょっとすっきり感がある。
 
 
オリジナル曲の歌詞は、もう宿便のようにPCのメモ帳に溜まっているが・・・ 
  
 
Banner_02
 

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

農家日記(番外編2)

でもって、とにもかくにも先日(2/14)、農家の歌会に行ってきた。

前回の「天ちゃんライブ」はスタート時の客の集まりが悪かったため、心配性の天ちゃんは「今回はちょっと早めに来てほしい」と言っていた。そういうことならと張り切ってスタート10分前に店に到着してみると・・・
 
すでに超満員!
あ、天ちゃん・・・
どうなってるんですか、この集客力?!(笑)
 
前回から天ちゃんは昔の仕事仲間の「たく」さんとユニットを組み、「いずみたく」として出演している。その「たく」さんの力もあるのかな。歌会に参加しない純粋な観客(女性客)がたくさんいた。奥さんとかかな?

グッドマンからもいつものメンバーが2人。さらに、最近グッドマンに復帰したという昔の常連女性Mさん、若手の新人ユニット「マイナーズ」さんも天ちゃんに誘われ来店。グッドマンもちょっとは盛り上がってきているみたいだ。
 
 
 
さて、今回の天ちゃんはキラキラの宴会ジャケットを着込んでヤル気満々。お得意のMCもそこそこにエレキを弾きまくっていた。天ちゃんはいつも「俺は本当はギターだけ弾いていたい」と言っていたが、なるほど。天ちゃんは本来ギタリストなんだな。

泣きのギターソロがある曲を弾き終え、思わず漏らした「気持ちいい~」が羨ましかった。

そういえばここの常連さんたちはみんな気持ち良さそうだよなあ。俺もいつかこういうふうになれるかなあ。
 
 

「いずみたく」の第1ステージが終わり、いよいよ歌会のはじまりはじまり。

グッドマンのMさんはラテン風演歌みたいなギター弾き語り。個性的で味があって、とてもグッドマン的(笑)。歌も上手い。

「マイナーズ」さんはキーボードとアコギの2人組。シンガポールや香港のポップスに日本語の詞をつけて歌っていた。オッサンたちが集うフォーク酒場の中で、ちょっと照れながら緊張しながら歌うその姿はとても新鮮で、純粋で、なんか良かった。果たして俺にはこの純粋さはあるのだろうか・・・ ないな(苦笑)。

他にもいろんな人がいたけど、今回は省略。
 
 
 
で、俺の番なのですが・・・。

どういうわけか最近、歌に関しては完全に自信を失ってしまっている。まあ、やっと自分の下手さに気づいたということなのだが、こういう状態では人前で歌う気になれない。かといって自信がもてるほどの練習時間もないし・・・

苦肉の策として今回俺が選んだのは、数少ないカントリー・ブルースのレパートリーから『Willie Mae』というインストの曲。本当はこれも、もっと上手くなるまで温存しておきたかったのだが、この際仕方なかった。

で、出来ばえは・・・
 
 
 
ダメだった。
どれくらいダメだったかというと、
たとえばやはり恋愛
ほろ苦かった。
 
 
 
まず第一に、店のエレアコを借りたのだが、弦が思いっきりゆるめてあって、チューニングに手こずった。もうステージのイスに座っているので変に焦ってしまった。どれぐらい焦ってしまったかというと、弾いている弦と回しているペグが違っているのに気づかないくらい(苦笑)。

何とかチューニングを終えて演奏開始。う~ん、慣れてないギターのせいか、なんかしっくり来ない。かねて懸案の右手のミュート具合がやはり安定しない。妙に音が小さく、聞いている人が耳を澄ましているような気がする。シ~ンとした中で小さ~な下手くそブルースが寂しく響く。寒い。そのくせたまに弾き間違えると、エレアコだけにアンプを通して間違い増幅(苦笑)。気持ちよくない。楽しくない。

そんなこんなで演奏終了。あっという間だった。短い曲なのでバリエーションを変えて8コーラス回そうと思っていたのだが、予定通りやったのかどうか、考えておいたフレーズを全部出したのかどうか、記憶も定かでない。

なんか全然ノれないうちに終わってしまった。
かつてない不完全燃焼感。
 
 
 
で、今回のステージは「本気」だったのか?
「助走」はスタートしたのか?
 
まあ、どっちでもいい。
聞いてるほうにとっては同じだ。
とにかくこれが今の自分の精一杯なのだ。
 
 
 
なんか暗くなってしまったので、最後に良かったことを1つ。

歌会終了後の語らいのひと時。グッドマン新人の「マイナーズ」さん(2人とも28歳)と話していると、「同じ年ぐらいですよね?」「え~、同じ年ぐらいに見えますよ!」
 
よっし!
 
 
 
ではまた。
 
Banner_02
 

| | コメント (4)

2009年2月 9日 (月)

フライイング

またまた天ちゃんに誘われた。例の「農家の歌会」だ。もちろん行く。

だがこう頻繁に誘われると、そのたび持ちネタを温存してお茶を濁すわけにもいかなくなる。「これは本気じゃない」とか「今日のは遊び」などと言いながら場数だけ増やしていると、いつの間にか「いい意味での緊張感」がなくなってしまいそうで・・・

天ちゃんはどうやら完全に「歌会」のレギュラーゲストになったようで、3ヶ月に1回ぐらいのペースで確実に順番が回ってくるみたい。そのたび俺は呼び出しを食うわけで、う~ん・・・

よし、こうなったら「本気」で。そう決心した。(本気って言ってもね・・・ 下手は下手だから聞くほうには違いがわからないよ! 笑)。

3ヶ月に1回のペースで人前で演奏して、来るべき本格的活動再開(「ギター修行日記・完結編」?)に向け、ちょっとずつ「助走」を始めることにしよう、そういうことにしよう、そう思った。
 

持ちネタから曲を選び、ギターと歌、ハーモニカの練習を再開。

MDに録音して聞いてみる。

ダメだダメだ、この音痴!

歌トレを再開するしかないな。

そう思っていた矢先・・・
 
  
 
またも夫婦ゲンカ勃発!(泣)。
 
 
 
歌の練習が直接の原因ではないのだが、やはり本気モードになると妙な熱気(イライラ感)を帯びてしまうらしい。

やはり4月までは待つべきだった。

ちょっとフライイングだったな(苦笑)。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (2)

2009年2月 3日 (火)

脅迫

軽めのケンカをした時の俺の決めゼリフ。

・「いつか本出した時、『妻に捧ぐ』って書かないからな!」

・「あとがきにも感謝の言葉書かないぞ!」

・「インタビューでもいいこと言わないぞ。それどころか・・・」
 

ここまで言うと妻は渋々、

「わ~か~り~ま~し~た~・・・」

と引いてくれる。

あくまで軽いケンカの時だけなのだが、いつまでこの空砲が効くことやら。

てか、この空砲は効くか効かないか見極めてから撃たないと空しい(苦笑)。
 

↓応援ぷり~ず! 
Banner_02
 
 

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »