« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月22日 (月)

誤算(3)

6月いっぱい仕事(翻訳)が忙しい。

う~ん、誤算だ。 (泣)
 
Banner_02

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

育休編はつづく

時々不思議に思うことがある。どうして時間がないんだろう。サラリーマンの皆さんに比べたらどんだけ自由な時間があることかって。

時々自問自答する。どうしてもっと音楽活動をしないんだろう。もったいぶらずにどんどんオリジナルを作って、バンバン発表すればいいのに。
 

一般の仕事と同様、主夫の仕事にも当然、能力に個人差がある。ある仕事(例えば主婦業)が楽と感じるか辛いと感じるかは、それをやる人の能力や適性による。ワーキングマザーを楽々こなす能力やエネルギーを持った人もいれば、家事をこなすだけであっぷあっぷの人もいるだろう。

(こなした仕事が他者(家族や顧客)にどれだけの満足感を与えているかもまた重要な要素だが、とりあえずここでは無視する)

俺の場合はたぶん、どんな仕事をやらせても、のろくて丁寧な職人タイプ。主夫業もツワモノ主婦から見たらまったくもって不効率かもしれない。だが、他人の仕事と比べてどうこう言っても始まらない。置かれた状況や能力、適性がそれぞれ違うのだから。

限られた能力とエネルギー、そして時間。それをどう配分するかは、結局その人なりの価値判断によるんだと思う。やりたいことのいくつかをどういう順番でやるか、それも人それぞれの価値判断だ。人生設計、人生戦略と言ってもいいかもしれない。その戦略が成功するかどうかは一種の賭けでもあるが・・・

小さな不満は尽きないが、きっと今の生活も俺が意識的・無意識的に判断した結果なのだろう。

「育休編」は当分続きそうだ・・・(苦笑)。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (2)

2009年6月12日 (金)

好きな歌詞(2)

こないだ「農家の歌会」で歌った『真夜中のプール』(斉藤和義)の中にも好きな歌詞がある。

 ♪あの日描いた未来とは何か少し違ってるけど
  それが時の流れ~♪

なぜかほろっとくる。思い通りにならない人生ってことかな。ちなみに俺が描いた未来はどうかと考えてみると・・・ う~ん、若い頃はあまりうまく未来が描けてなかったな。でも今なら少しは描ける。5年後か10年後、「少し違って」も大体思い通りの未来を手に入れたい。


ところで・・・

「夜中のプール」ってこの歌だけじゃなく、映画やドラマにやたらと出てきますよね? 俺が知ってるだけでも1つや2つじゃない。(3つか4つかな? 笑)

夏休み、夜の学校に忍び込み、

2人でプールに飛び込んで

水面に映る月明かり、彼女のシルエット・・・

って、それほど誰もが経験するシチュエーションではない気がするんですけど、ある種の人間にはかなり普遍的な出来事なのでしょうか。

羨ましい・・・。


Banner_02


| | コメント (2)

2009年6月 8日 (月)

誤算(2)

自治会の役員って、けっこう大変だな。

元はと言えばくじ引きで当たってしまったのだが、子どももできたことだし、ちょっとは地域社会に貢献しようかな、なんて思ったんだけど。

そんなに大変なことはやってないのだが、何だかんだと集まる機会が多く・・・(泣)

ま、1年間のことなので、がんばろうと思う。
 
Banner_02

| | コメント (2)

2009年6月 5日 (金)

今月の1枚 (09年5月)

これまた新コーナーです(笑)。

そんなわけでここ数年、ゆっくり音楽を聞くってことはなかったのだが、穏やかな平日も少しは戻ってきたことだし、新たにCDでも買って自分の音楽の幅でも広げてみようかな、と。

思ってるだけだとなかなか実行しないので、とりあえず「毎月1枚」と決めて、ブログに書こう、と。

で、先月、主に洗濯物を干しながら聞いていたのが・・・ 

 『Memorial』 (木山裕策)

コープ(生協)の宅配カタログに載っていたので思わず衝動買い。俺と同年代、最近デビューしたばかりのパパシンガーということで、ちょっと注目していた。『home』という歌が有名みたいだが、うん、確かに良いね。妻は歌詞を見て「泣きそ~」と言っていた(笑)。

俺的には歌唱法に注目。ボイトレでは「喉の力を抜く」ってよく言うけど、「あ~、こういうことかな」と思った。「なるほど、こりゃ力入ってないよな」と。なんかこれなら真似できそうだ。力が抜けてて、伸びがあって、やさしい感じだな。

いつかカラオケで歌おうっと。

ではまた。


Banner_02


| | コメント (2)

2009年6月 2日 (火)

好きな歌詞(1)

突然ですが新コーナーです(笑)。

最近は聞く音楽と言ったら、NHKの「おかあさんといっしょ」のベストCDぐらい。てか毎晩毎晩、子どもの寝かしつけの時に聞いているので、これはもう俺の音楽体験の一時代を築きつつあると言ってもいい。

お子様ソングといってもなかなか侮れませんよ。曲調はバラエティに富んでいるし、歌詞もけっこう感動的なんです。中でも俺が一番感動したのがこれ。


『ぼよよん行進曲』

 作詞:中西圭三・田角有里 作曲:中西圭三 

 ♪どんな大変な事が起きたって
 君の足のその下には 
 とてもとても丈夫な「バネ」がついてるんだぜ
 (知ってた?)

 押しつぶされそうな そんな時だって
 ぐっ、とひざっ小僧に勇気をため
 (今だ、スタンバイOK!)その時を待つのさ♪

 《後略》


うぉ~~~!って、俺にとってはワクワクしてくる歌詞なんですけど、皆さんはどうですか。

でもなかなか「その時」が来ないんですよ。バネが錆びてないかちょっと心配です(笑)。


Banner_02


| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »