« 印象的な光景 | トップページ | 著作権について »

2009年7月17日 (金)

半昔

Dscn7556_4

先日、息子が5歳の誕生日を迎えた。
 
早いな~と呟きつつもよくよく考えてみると、いや、長かったな~と思う。いろんなことが詰まっている5年間だった。生まれた頃のことがキラキラと(夏だったからね)何か遠い昔のように思える。まさに「5年、半昔」だ。

あれから5年。あの頃はパンク・バンドをやっていた。当時を振り返るとやはり今より少し若かった。年を取ったという実感はないけど、35と40じゃあ、やっぱちょっと印象ちがうよな。

少しは「お父さん」っぽいオーラが出てきているかなぁ。筋力とか肌の張りとかはしっかり年を取ってるけど、いわゆる大人の社会で揉まれてないもんだから、大人(社会人)っぽいオーラが出てないんじゃないかって、いつもコンプレックスなんですが・・・。
 
 
あ、自分のことはさておき・・・
 
 
息子は順調に育っている。(たぶん)

すっごく可愛がって育ててきたせいか、天真爛漫というか、お調子者というか、おしなべて毎日を面白おかしく生きているようだ。素直に怒って、笑って泣いて、嫌なことは忘れて、毎日新しい一日を生きている。

仕事をしてても家事をしてても、ギターを弾いてても、犬コロのようにまとわりついてくる息子はホントうるさくて煙たいことも多いんだけど、もうあと5年ぐらいはべったり遊んでいたいかな、と思う。
 
Banner_02
 

|

« 印象的な光景 | トップページ | 著作権について »

02. 「子育て」に関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

一昔もあっと言う間だよ。
うちは、子供が二十歳超えたから2昔、娘は生意気な事ばかり言って ままともに口をきいてくれないが、昔の小さい頃思い出があるから子供のために頑張れる。
たまに自分の子が、やになる時があるが この子も小さい時可愛かったなと思えるから許せるんだ。
大変だろうけど、今の小さい頃の思い出大切ですよ。

投稿: 天ちゃん | 2009年7月18日 (土) 16時05分

>天ちゃん
先人としての貴重なコメント、ありがとうございます!

大学生の時、仲間がこんなことを言ってました。「子どもは3歳までの可愛さでもう十分親孝行しているので、大人になってからとりたてて親孝行する必要はない!」。当時は「なるほど~」と笑ったのを覚えていますが、子育て真っ最中の今となると・・・微妙です(苦笑)。確かに生まれてくれただけで感謝感激なんですけどね。

天ちゃんの娘さんが冷たいのはきっと、まだ天ちゃんを男(あるいはライバル)と認めているからですよ。妙に優しくなったら爺さん扱いってことかも?(笑) 実際、孫ができたりする頃には娘の態度が和らぐって話はよく聞きますし。きっと親のありがたさが分かるんでしょうね。

投稿: takuya | 2009年7月21日 (火) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印象的な光景 | トップページ | 著作権について »