« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月24日 (木)

苦悩

Lesson 27 のつづき)

数日後、師匠からメールが届いた。本来レッスン前に届くはずだったのだが、PCの不調で届かず、再・再送されてきたものだ。その中の一節に俺の心に響いた言葉があった。

「なりきって歌うのをやめ、普段話している声そのままで・・・」

ビビビッ。ある考えがひらめいた。「あ、そっか」と。もしかしたら俺の弾き語りが変わるかもしれない。それぐらいの「気づき」だった。

師匠とのレッスンではこういうことがたまにある。ストロークについての前回の指摘もそうだ。説明としては何度も聞き、わかっているつもりになっているのだが、ある時ふと「あ、そうか」と気づく。そして実際、俺のストロークが変わってきた。

ボディ・ブローのように後から効いてくるレッスン・・・。

まだやめられない、と思った。

が、しかし・・・


Banner_02


| | コメント (4)

2009年9月20日 (日)

Lesson 27

9月15日(火) うす曇

娘(1歳)の風邪による延期で約1ヶ月ぶりのレッスン。

【やった曲】
『とんぼ』(長渕剛) けっこう練習したつもり。
『風になれたら』(渡辺美里) 少々。次回が本番。

【指摘されたこと】
『とんぼ』 ギターはまあ弾けてる。でも「あ、そう。だから?」って感じ。歌が長渕の真似っぽい。歌うことが楽しそうじゃない。
『風になれたら』 カポを使って自分のキーで。

【提出オリジナル曲】
『ウラシマ』(仮題) Aメロのみ。
『葵のテーマ』 娘が生まれた頃ふざけて作った歌。ライブではやりません(笑)。

曲についてのコメントはなし。

【宿題】
アンパンマンの楽譜作成(穴埋め問題)。
って、ほんとに宿題っぽい!(笑)

【感想】
全体的になんか説教っぽいトーンのレッスンだった。いろいろ言われたが、要するに、とりあえずギターの練習はもういいんじゃん? 「シンガーソング・ライター」を目指すならもっと他に大切なことがあるだろう? もっと本気だせよ、ってことのようだ。

正直「やめようかな」と思ってしまった。永遠にオサラバということではないが、少なくとも今は時機が悪かったな、と。とりあえずまた一時休学して、師匠の要求に応えられるような状況を作ったらその時こそ本気で、と。

ところが数日後・・・


(つづく)


Banner_02


| | コメント (2)

2009年9月 7日 (月)

今月の1枚(09年8月)


山崎まさよし『ONE KNIGHT STANDS on films』(DVD)

以前、たまたまブログを読んでくれた方とこんなやりとりがあった。(ギター修行日記 07.02.02 「ハーレム」 参照)

要約すると、山崎まさよしのCDは「まあまあ」だったという俺に対し、

「弾き語りツアーのライブアルバム『ONE KNIGHT STANDS』を聴いてみてくれ!」と。

で、早速 Amazon で買って聴いてみて、「なるほど、凄いね」という俺に対し、

「Amazon で買ったということは2枚組の通常盤ですよね。実は初回盤は3+1枚組で、このDISK3こそが素晴らしく、特に『ドミノ』『CROSS ROAD』あたりは圧巻・・・ DVDなら収録されてますよ」と。

で、「DVD買います!」と元気に返事をしたのだが、何だかんだでそのままに(苦笑)。何か約束を果たしていないようでずっと気になっていたのだが、今回こういう形で取り上げることができ、何かほっとした気分だ。


で、感想。

ううう、アコギ1本でここまで・・・ どうにも止まらないグルーブ感。まさに人間ミュージックボックス。音楽発電機。1人でやるからには、これぐらい内側から音楽がほとばしり出て来ないとダメなのだろうか。

テクニック的にはたぶん、あのギコギコいうカッティング音がパーカッシブな効果を生み出し、バンドにも負けない凄いノリが生まれているのだろうが・・・ 果たしてテクの問題なのだろうか。

やっぱ映像で見るとビンビン伝わるものがある。思わずスコアを買ってしまった(笑)。やるかどうか、どこまでできるかはわからないが、とりあえず買わずにはいられなかったのだ。

結論:やっぱり山崎まさよしは凄かった・・・ 

ちなみに最後のおまけ映像もよかった。学校の教室で黙ってギターをポロポロと弾いているのが何かリアルだった(自慢げでちょっとムカつくが・・・笑)。ギターってのはステージで弾くのもいいけど、こんなふうに教室とか誰かの部屋とかでさりげなく弾くのがカッコいい。ってか、ギターってのは自慢する相手がいてこそやる気が湧くというちょっと嫌味な楽器だったりもする・・・ この羨ましさ、悔しさがやる気をかきたてたり、挫折の原因になったり、人生が狂ってしまったり(←俺?)・・・ ギターとはなんとも罪な楽器だ。

ちなみに山崎まさよし、滋賀県の出身だとか。俺の親父も滋賀県なんだけど、先祖のどっかでつながってね~かな(笑)。ではまた。


次回予告: 奥田民生 『ひとり股旅スペシャル@広島市民球場』(DVD)


Banner_02


| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

看病生活

今週月曜、娘が39度の熱を出して保育園を早退した。火曜のギターレッスンは後日に延期(泣)。

わが家ではちょっとぐらいの熱は医者に行かずに治してしまうことが多いのだが、新型インフルエンザのこともあるので一応連れて行くと、ただの風邪だということでまずは一安心。

ところがなかなか熱が下がらず、3日分の薬も切れたので今日また医者へ行ってみた。すると気管支炎になっているとのこと。ちょっとこじらせてしまったようだ。う~ん・・・

今週は仕事が休みで、「よ~し、ギター弾くぞ~」なんて思っていたのだが、ギターのことばかり夢想している俺に神様が「もっとしっかり育児せい!」ということなのか・・・

あるいは懲りもせずに夫婦喧嘩を繰り広げたバチか・・・

はたまた半年間の保育園生活の疲れを一気に吐き出しているのか・・・

ま、子どもってのは腰をすえて面倒を見ると可愛さ倍増。父娘2人で過ごしたこの数日は娘への愛情を深める良い機会だったと考えよう。(でもまあ、もうそろそろ治ってほしいな・・・)
 
 
最近は息子や娘がよく熱を出す。家族全体に何か無理がかかっている表れかも。この秋は新型インフルエンザもあるので要注意だ。家族の健康管理とか、もう少し主夫業にも力を入れようと思う今日この頃です。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »