« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

クリスマスの憂鬱

今年のクリスマス・シーズン、我家ではちょっと一騒動あった。

11月末からの約1ヶ月、息子(5歳)がサンタに何をもらうか、毎日毎日悩み続けていたからだ。(我家では欲しいものを紙に書いてツリーに付けておくと、サンタがそれを見て願いを叶えてくれるシステムになっている)

レスキュー・ファイアー系、シンケンジャー系、ポケモン系、プラレール系、ラジコン系などをぐるぐる、ぐるぐる・・・ 一時は苦悩というか悶絶というか、マジで泣きながら苦しんでいた(笑)。親に似て悩み体質なのだろうか。

はじめはネットなども駆使して真剣に相談に乗ってあげていたのだが、せっかく決めてもテレビで別の番組やCMを見るとすぐにそっちが欲しくなり・・・ 

いい加減うんざりした俺と妻の間では「枕元に商品券でも置いとくか?」なんて冗談も飛び出す始末。

去年の初サンタはあっさりと決まったのに、1年で知恵を付けて欲望も複雑化してきたのだろう。

まあ、あれだけテレビや幼児雑誌で玩具の宣伝をされれば、そして年に数回しかない大物購入のチャンスとなれば、子どもたちの小さな心がはち切れそうになるのも分からなくはない。まさに資本主義の負の側面を垣間見た気分。世の中、狂ってる! と叫びたかった(笑)。
 

息子は毎日毎日「ね~、聞いて聞いて、やっぱ○○にしようと思うんだけど」「ねーねー、やっぱ△△にするぅ~」。

俺(または妻)が「うるさい! そんな物欲の塊のような子にはサンタは来ない!」などとブチ切れ、妻(または俺)が「まあまあまあ・・・」となだめる日々。

サンタが来ないこともあり得ると知って息子は少しおとなしくなったが、結局クリスマス前日まで「やっぱ××がいいなあ」などと言っていた。俺はやさしく言った。

「あとはサンタに任せな。きっと今まで言った中のどれかをくれるよ」
 
で、25日朝。サンタが持ってきてくれた『ファイアー・ドラゴン』を見て大喜びする息子。(ふ~っ、めでたし、めでたし)
 
 
それにしてもサンタの物語。俺は何か隠し事をしているようで、けっこうストレスだ。

ま、もう数年のことだろうから、がんばろうっか。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (3)

2009年12月22日 (火)

THE SONGWRITERS

ちょっと前、NHKで 『THE SONGWRITERS』 という番組がやっていた。司会の佐野元春が、いわゆるシンガーソングライターと呼ばれる人たちをゲストに迎え、曲作り(特に歌詞)についてあれこれトークする番組だ。たまたま番組の宣伝を見たとき、「お、これは!」と思い、毎回録画して熱心に見ていた。以下、印象に残っている発言などを書いてみる。

さだまさし
歌詞には色はもちろん、匂いや温度を感じさせることが大切(大草原に降る雨 → 草の匂い、都会に降る夕立 → アスファルトの匂い、など)。五感に訴えかけるということですね。

松本隆
「アカデミックな評価なんてどうでもいい。大切なのは大衆に支持されるかどうか」

スガシカオ
身の回りにいつもICレコーダー。真似して俺も買っちゃいました(笑)。でもスガ氏曰く「気休めなので、そこから曲ができたことはない」とか。それも真似しちゃいそうです。

矢野顕子
カバー曲をやるときは、まず歌詞をチェック。一言でも自分の中にない言葉が使われてたら、それはやらない。

Kj (Dragon Ash)
「ロックバンドは来週もライブができると思ったらおしまい。1回1回、自分のすべてをここ(ステージ)に置いていくつもりで・・・」


なるほど~。是非参考にさせてもらおう!


でも実は、一番印象に残ったのは司会の佐野元春。歌は 『Someday』 しか知らないし、顔も人柄も知らなかったけど、こういう人だったのね。いい味出してる(笑)。

さだまさしがトークの冒頭で、「佐野君、天然だからな~」といって不安がっていたが(ボケても突っ込んでくれなそう、という意味で)、どうやら佐野元春は「真面目=天然」なキャラで通っているらしい。

あ、これいいかも、と思った。

俺はあそこまで天然ではないけれど、まあどちらかというと真面目で、なんでもかんでも真剣に語りたいタイプ。軽快な「ボケ&突っ込み」トークはあまり得意ではない。(ちょっとはできますけど) いっそ俺も、佐野元春のような天然を決め込んでしまえば、そういうトークから解放してもらえるかもしれない・・・

とりあえず佐野元春は、俺のデビュー時の対外的なキャラ設定に少なからず影響を与えそうだ。(笑)


ま、それはさておき、この番組の冒頭で毎回流れていた佐野元春の語りが今も耳に残っている。

 僕はポピュラー音楽のソングライター達こそが、
現代の詩人なのではないかと・・・
 ポップソングは時代の表現であり、時代を超えたポエトリー
 僕はそう思ってます

(だったかな?)

何事も茶化すことなく、大真面目に語る佐野元春のまっすぐな瞳が眩しかった。


Banner_02


| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

佳境

娘(2歳)がまた熱を出した。気管支炎になっているらしい。

この秋から冬にかけては、なんか1週おきに家族の誰かが風邪をひいているような・・・ 

家事・育児生活、満喫でございます。(苦笑)

実際、子どもが2歳と5歳の今、俺の育児生活はある意味、佳境を迎えているのかもしれない。子どもたちが一番かわいく、一番手がかかるという意味で。

二度と来ないこの時期を大いに楽しもうと思う。

無理やりにでも、そう思う。(笑)
 
 
弾き語り計画の佳境はまだまだ先になりそうだ・・・
 
 
Banner_02
 

| | コメント (2)

2009年12月 9日 (水)

来年の目標

ここ数年、年間目標は「なし」としてきた。
が、来年は久々に目標を設定しようと思う。


じゃじゃ~ん♪

   2010年の目標: オリジナル10曲完成!
 

アルバム1枚分。ライブ1ステージならおつりがくる曲数だ。こんだけ作っておけば、あとはチャンス(タイミング)を待つのみ、ということになる。

勝算は・・・ もちろんある。やると言ったら絶対にやるのが俺流、勝ち目のない試合はしないのが俺流だ!(笑)。
 

ちなみに過去の年間目標は・・・
2005 2006 2007 2008 2009 
(↑お暇な方だけ読んでね)
達成後すでに崩壊しているものもありますが・・・(苦笑)。
 

で、先日、PCのメモ帳に書き溜めた歌詞(のようなもの)を整理してみた。

何年分だろうか、ぽつぽつと書き溜めた言葉たち。思いついてメモした時点ではどれも「よし、ナイス!」と思ったはずなのだが、改めて読み返してみると、なんとも独りよがりで感情任せ。汚い若者言葉でいうと、「うっ、キモっ!」というようなアクの強いものも多い。

完全な駄作はボツにし、同じテーマのものは合体させ・・・ 
数年分の心の大掃除をするような爽快な作業の末、1~2行程度の短いものも含めると、ネタとしては30~40曲ぐらいにまとまった。

その中でもすでに完成形がぼやっと浮かんでいるのが7、8曲ある。まずはこれを練り上げて形にしてしまおうかと。

俺の思いが詰まった歌詞たちも、いい加減寝かされすぎて、俺の中でくたびれてきている。早く外に出してやらないと、いつの間にか死産なんてことも・・・ 

時による風化の試練を乗り越えた言葉、思い。それをつなぎ合わせた俺のオリジナル曲。再来年(2011年)ごろには皆さんにお目にかけられれば、と思う。(相変わらず気の長い話だな~)
 
 
Banner_02
 

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

一進一退

先々週の金曜日、娘(2歳)がインフルエンザにかかった。その2日後、妻もインフルエンザ。
 
というわけで先週はずっと2人が家にいて、わいわいがやがやと・・・ 曲作りという気分ではなかったので、溜まってた本を何冊か読破した。(自己啓発、ビジネス書の類い)
 
そんなこんなで気分一新、今週からまた計画を前に進めます!

ブログも進みますよ!
 
Banner_02

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »