« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月18日 (木)

最近の問題

娘(2歳)が保育園に入ってもうすぐ1年になる。

毎朝の号泣とハンストから始まった保育園生活。朝は未だに泣くことのほうが多く、笑顔で「バイバ~イ」とは全然いかないが、機嫌のいい時には「まあ、しょうがねーか」というような表情ですんなり別れることもできるようになった。

が、最近の問題は帰りのお迎えだ。

5時前後に迎えに行くと娘はだいたいブロックで遊んでいるのだが、俺が「はい、帰るよ~」と言っても全然ブロックをやめない。「お迎え早すぎー」と言わんばかりに不機嫌になる。俺が「帰って○○食べようぜ」と説得しても、先生が「また明日ね」と説得してもますます不機嫌になるだけ。ちょっとでも強引に帰らせようとすると号泣が始まり・・・(苦笑)。

俺に似て、気持ちの切り替えが下手なのだろうか。

いい加減イライラしてくると、汚い言葉で罵声を浴びせ、泣き喚く娘に無理やり靴下とジャンパーを着せ、とっとと担いで帰りたくなるが、保育園内でそういう醜態を見せるのは・・・

わが子に粘り強く説得を続けるお父さんは、先生たちにはどう映っているのだろうか。娘が頑固なのか、俺の育児が下手なのか、とにかく毎日ちょっと恥ずかしい。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (7)

2010年2月12日 (金)

ついに・・・

昨日、40歳を迎えた。 (ひえ~)
 
「目指せ、40までにプチ・デビュー!」

数年前、『ギター修行日記』を始めた時に掲げた目標だ。
(参照:「期限」

う~ん・・・たぶん当時は心の中で、今頃はとっくにプチ・デビューを果たしていると考えていたはずだが・・・
 

Banner_02
 

| | コメント (2)

2010年2月 9日 (火)

知恵ある愚者

最近、娘(2歳)の育児が難航している。

何というか、全然、親の言うことを聞かないのだ(泣)。朝は相変わらず保育園でぐずるし、夜の家庭内では本当に自由気まま。食事のマナーや着替え、風呂、歯磨き・・・ 何一つ思うように行かない。小悪魔というか、猫っぽいというか、ほんと取り扱いが難しい。

しつけの悪さがデブと虫歯(どちらも軽度ですが)に表れているようで、親としてちょっと恥ずかしい。オムツもまったく取れる気配がない。

しかしちょっと冷静に考えてみると、たぶん息子(現在5歳)が2歳の頃も同じように手がかかっていたと思う。ただ一人目の子どもというのは本当にかわいく、親も初めてのことばかりで必死だから、苦労を苦労とも思わずに時が過ぎていったのだろう。

そう思うと、「ごめん、娘よ、もっともっと可愛がるからね!」という気分になってしまう。何というか育児は、イライラ、プツン、ゴメン、トホホ・・・の繰り返しだ(苦笑)。


ちなみに季節占いで娘を見てみると・・・ 「秋」。

「秋生まれの人は・・・ 自己を解き放ち、・・・霊的な創造をする、あるがまま自由な、知恵ある愚者である。・・・ただ独り、何ものにもとらわれず、真実の楽しさを求める使命を果たすため、人生を旅する癒し人である」

と、素敵な言葉が並んでいる(笑)。

俺なんかより、よっぽど歌うたいに向いてるのかもしれない。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

冬、到来!

数年前から「季節占い」というのをけっこう信じている。

生年月日から一人一人に季節が割り振られ、例えば「春」の人はこういうタイプ、というのがわかる。ちなみに俺は「自己鍛錬に情熱を注ぐ」夏人間。

また、人はそれぞれ、12年周期の季節(春夏秋冬、各3年)の中を生きている。春には春に、夏には夏にすべきことがあり、そういうことが起こりやすくなっているらしい。

これまでの俺の人生をこの「季節」に当てはめてみると・・・ 
かなり当たっている (ま、占いってのは解釈次第だけどね)。「ああ、あの頃は冬だったのか」とか「ああ、あの時が夏だったのね」って、俺は妙に納得している。

で、俺の人生、ちょうど昨日から、3年間の「冬」に入った。冬は土を耕し、種を蒔く季節だ。

種が芽を出し花になるはもう少し先。心を外へ外へ向けていくのはもう少し先でいいのかもしれない。
 
 
Banner_02
 

| | コメント (2)

2010年2月 3日 (水)

音楽理論

去年の暮れあたりから、某通信講座で音楽理論を勉強している。そんなに大それた勉強ではないのだけれど、コード進行の基本ぐらいは学んでみたいな、と思って。

(またそんなこと・・・)

いやいや、大丈夫! 
ちゃんと目標(今年中にオリジナル10曲)は達成しますから!


♪ 遠回り~ 遠回りするのさ~ 
   どんな道草にも花は咲く~♪

      (モアリズム『笑う花』より)


Banner_02


| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

自分を偽れば・・・

息子(5歳)と一緒に観ているテレビ番組『侍戦隊・シンケンジャー』。約1年間戦ってきたシンケン・レッド(殿様)が実は影武者だったと分かり、最近はもう息子そっちのけで成り行きを見守っている俺と妻(笑)。息子がぺちゃくちゃしゃべりながら観ていると、「うるさい、黙って見てろ!」とどやしつけ、録画を巻き戻して一言一句確認するほどだ。

そんな中、昨日の放送で心が揺れた姫(本当のシンケン・レッド)のセリフ。

「・・・自分を偽れば、人は一人になるしかない」

俺が今年から掲げたテーマ、「本音で生きる」にも通じる重い言葉だった。

そして姫の言葉を受けた殿(影武者のシンケン・レッド)のセリフに微かな光を見た気がした。

「はい・・・。ただ・・・ それでも、一緒にいてくれる者がいます」


『侍戦隊・シンケンジャー』、次回いよいよ最終幕!(笑)


Banner_02


| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »