« そうじ好き | トップページ | 擦り切れたジーンズ »

2010年4月30日 (金)

作務

いつだったか、NHKで画家の横尾忠則の特集をやっていた。
 
グラフィック・デザイナーから画家に転身するべく禅寺で修行していた天才・横尾氏は、境内の掃き掃除をしているとき、掃くそばから落ちてくるイチョウの葉にうんざりしていたという。これじゃあ、掃除なんかしても、まるっきり無駄なんじゃないかと。
 
ところが毎日毎日やっていると、あるときふと「悟り」のようなものがやってきたらしい。理屈じゃない。心を無にしてひたすら掃除に打ち込めばいい・・・。

「無常」とか、そういう世界なのだろう。禅の修行では、こういう日々の掃除などを「作務(さむ)」と言って重要視するらしい。
 
 
「作務」かあ・・・

この番組を見たとき、育児奮闘中の俺は思わず笑った。

まさに。片付けても片付けても散らかす息子(5歳)。毎日の食事作りと食器の片付け。洗濯と洗濯物たたみ・・・。

それ以来、日々の家事・育児にうんざりしてくると、
「う~ん、作務だな~」 と思う。

これが「悟り」へ至る修行ならいいのだが・・・(笑)。
 
 
 
↓ ひたすらお願い。
 Banner_02

↓ こちらも宜しく。
新ブログ 『ライター修行日記』
      フリーライター始めます(笑)。

 

|

« そうじ好き | トップページ | 擦り切れたジーンズ »

02. 「子育て」に関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

おおっ!すばらしい悟りの境地ですね。
以前、南こうせつがコンサートで言っていました。彼の自宅の敷地が広く、当然雑草が多い。
「雑草をなんとかしなくては」と思うと非常につらいそうです。
まさに、「無」の境地でむしると辛くないそうです。
私なんか、猫の額ほどの庭の雑草もむしるのが辛いのに(^^;)
悟りが開けるなんてことは、今のところ全くなさそうです。

投稿: 小林 雅也 | 2010年4月30日 (金) 22時03分

私は掃除が嫌いで「結婚したら掃除しないぞ」と思っていたが、掃除嫌いと結婚してしまい、生まれた子供たちも掃除嫌い、一生掃除と付き合うはめになってしまった。
うちは、猫の額ほのど庭だが700円の除草剤をまいている(これじゃ、まずいよね)
うちの子達、女なのに掃除嫌い、料理しない、嫁に行けるのか?が心配・・・

投稿: 天ちゃん | 2010年5月 1日 (土) 09時37分

>小林さん
南こうせつもそんなことを言ってましたか。さすがですね!

私のほうの作務(育児)はおそらく、悟りに至る前に子どもが大きくなると思われます。もう数年の辛抱ですかね・・・。

>天ちゃん
掃除嫌いとか、そういうことって、だいたい結婚後に発覚しますよね・・・(苦笑)。ゆえにたぶん、娘さんたちも大丈夫ですよ!

投稿: takuya | 2010年5月 4日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうじ好き | トップページ | 擦り切れたジーンズ »