« 筆談 | トップページ | 父の祈り »

2010年6月 4日 (金)

2度目の気づき

娘(2歳)に手を焼いている。家での反骨精神は相変わらずなのだが、どうやら最近は保育園でもそれを発揮しているらしい。「いただきます」や「ごちそうさま」の挨拶をしない。トイレの後、自分でパンツ(オムツ)を履かない。反抗しているのか、甘えているのか。普通、周りのみんながやっていたら、思わず自分もやってしまうと思うのだが・・・。
 
ちなみに息子(5歳)の場合は保育園入園以来、家でどんなに我がままを言っても、保育園ではすこぶる優等生を通している。それで内心「よし、俺たちの育児は間違っていない!」と自信を持っていたのだが・・・娘にはまだ愛情が足りないのだろうか。
 
 
そういえば娘が生後5ヶ月を迎えた頃、俺と妻で息子の同じ頃のビデオを見て愕然としたことがあった。

「笑ってる!」

ビデオの息子が表情豊かにケラケラと笑っているのだ。その頃の娘はというと・・・ほぼ無表情。やばい! その時までは「赤ん坊ってのはこんなもんだろ」って思っていたのだが、「5ヶ月ってこんなに笑うんだっけ?!」と気づいて大慌て。それから必死になって娘に愛情(語りかけ)を降り注いだ。
 
確かに息子が生まれた頃のフィーバーに比べると、どうしても淡々と過ぎていきがちだった娘との日々。それどころか息子が赤ん坊に嫉妬しないよう、むしろ息子のほうに気を使っていた。
 
この「5ヶ月目の気づき」以降、親の改心によって娘は徐々に表情が豊かになり、感情表現も激しくなり・・・とりあえず順調に成長している。(と思う)
 
 
今回、娘の保育園での反抗を聞かされた俺は、この時以来2度目のショック! 確かに最近、放任したり怒鳴ったり、息子とひっくるめて雑な育児になっていたかもしれない。
 
そっか、まだ愛情が足りないんだね。ここは前回の教訓を活かし、愛の太陽作戦の発動だ! 話しかける時の口調は穏やかに。目を見て、抱きしめながら説教。何か出来たら褒める、褒める、褒める! などなど。
 
しかし犬コロのような息子と違ってこの猫娘、なかなか手ごわい。俺の愛に応えて健気にがんばる姿を見せるかと思うと、優しさにつけ込んでどうにも言うことを聞かず、舌をレロレロレロ・・(って、完全にバカにされてる!)
 
 
そんなある日、娘が「はぁ、いた~ぃ」と言うので歯医者へ行った。なのに先生が歯を見ようとしても口をぎゅっと結んで開けない。ぜぇ~たいに開けない。下手に出てくれている先生に対し、俺はなんとも申し訳ない、いたたまれない気持ちでいっぱい。結局この日は何もせずに帰ってきた。

その晩、いつものように歯磨き(仕上げ磨き)をさせようとしない娘にとうとう俺はキレた。「よ~し、もうぜぇ~ったいに甘いもの食べさせねえからな・・・(プルプル、怒)」 さらにいくつか罵声を浴びせてやった。

そして深夜、娘の反撃。「コホッ、コホッ・・」。喘息の発作が一晩中止まらない。「・・・」(俺、一抹の不安)。ま、原因は寝る前のお馬さんごっこだと思うが・・・(以後お馬さんごっこ禁止!)。

娘は3日ほど保育園を休み、やさし~ぃお父さんと仲良く過ごしましたとさ。
 
 
育児は難しい。甘えさせたり怒ったり、押したり引いたり、試行錯誤は続く。でもよかった。息子だけだったら「なんだ育児って意外と簡単だな」なんて結論が出ていたかもしれない。娘が「ちっちっち」と舌を鳴らして人差し指を振っている。まだまだ育児の醍醐味は続きそうだ。
 
 
↓お願いしま~す♪
Banner_02 wink good
 

|

« 筆談 | トップページ | 父の祈り »

02. 「子育て」に関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
大抵、どこの子供も下の子の方が気が強いです。
それと、はっきりと自分の自我が出ているので
気長に根気強く接してみてください。


ただ、我慢を教えるのもこれからです。
それが一番難しいですよ。
ご存じかと思いますが、くれぐれも
餌でつらないで根気強く説明しましょう。


嘘だけはいけませんよ(^^)


高3、中2の子を持つ先輩として
応援しています。


そんな私もたいしたことは
やってきていませんが(^^;)

投稿: 小林 雅也 | 2010年6月 4日 (金) 22時18分

takuyaさんも小林さんも子供2人、っでギター好き、ひょんな事から知り合ったけれど共通の話題多いね。
うちの子もtakuyaさんと同じ、長女は外で優等生ぶり、家の中では不良少女。
次女にはもっと愛情を注がなければと思う事があるが、年ごろの今となっては「気持ち悪いんだよ」と言われそう。
性格はそれぞれ、長女、次女の後天的にそなわるところも有るんだろうね。

投稿: 天ちゃん | 2010年6月 5日 (土) 07時12分

>小林さん
どうもどうも。
そう、餌で釣っちゃダメなんですよね。わかってはいるのですが、急いでいるときなど、こちらに余裕がないとつい・・・(汗)。ただ、うちの娘、取引にもなかなか応じないんですよ!
嘘だけはつかないよう頑張りますね。

>天ちゃん
天ちゃんのところもそうでしたかぁ。これはかなり普遍的な傾向なのですね~。
まあ、昔の子どもなんかは、もっともっと雑に育てられてたでしょうし、何がどう幸いするかはわかりませんよね。

それにしても、うちの娘が中高生になったらどうなるんだろ?

投稿: takuya | 2010年6月 5日 (土) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筆談 | トップページ | 父の祈り »