« 曲づくり(2010秋) | トップページ | 第4コーナー »

2010年12月 2日 (木)

歌会日記(4)

歌会前日、とりあえず新曲の歌詞を埋めた。結局、これだ!という大正解は見つからなかった。でももう時間切れだ。

こんな場合、プロならどうするのだろう。100%完璧なものができるまで待つのか、それとも90%のクオリティーで見切りをつけるのか・・・(まあ、主観の問題だけど)。

とにかく出来た歌詞で1、2度歌ってみる。

・・・ まあ、いいんじゃん?

今回は「時間内にそれなりのものを出す」ということを重視してみよう。歌詞は暫定的なものとして、何かひらめいた時にいつでも書き換えればいい。最後はそう自分を納得させた。

よっし、オッケーオッケー!(強引!)


11月20日(土) 晴れ時々くもり

夕方、この日の歌会ゲストSHINTANIさんのCDを聞きながら家事をすませると、俺はおもむろにギターを手にした。家族を前に「は~い、新曲やるよ~」。リハを兼ねた最後の練習だ。

息子(6歳)は「大往生やって~」とせがんだが、時間がないので 「まずは新曲『第4コーナー』、いきます!」。

 ♪ジャ~ 、ジャ、ジャ、ジャ・・・
  ♪もう聞き飽きたわ~ アンタの口癖~・・・

息子は「まあまあいいね(微妙な表情)」。そっか~、まあまあか~。ま、ちょっと大人の歌すぎだよな(笑)。

妻は「いいね」と言葉少な。何か言いたそうだが、とりあえず深く突っ込むのは止めておこう。

続いて、この日やる予定のもう1曲『焚き火』をやろうとしたが、息子が「次、大往生!」とうるさい。じゃあ、まあ仕方がない・・・

すると息子が「ちょっと待って!」と隣の部屋からちゃぶ台を引っ張り出してくる。どうやらお立ち台で踊るつもりらしい。準備が整うまで俺は『焚き火』をティロリティロリ・・・。

その後、息子のダンス付き『大往生』を妻がiPhoneで録画し、束の間のファミリーコンサートは幕を閉じた。


さて、自転車でえっちらおっちら「農家」につくと、満員の店内ではSHINTANIさんが1曲目を終えて元気にMC中。入口近くに小林さんがいたので軽く挨拶。グッドマンで知り合った超ガタイのいいS山さんもいた。当然、天ちゃんの姿も。とりあえず身の置き所を確保した。

じっくりとSHINTANIさんの歌に耳を傾ける。まっすぐな声質が良い。新曲が何曲か加わって良い感じのヴァリエーション。ギタープレイも安定してきたし、MCにも堂々感が。SHINTANIさんのステージを見るのは確かこれが3回目だが、見るたび彼女は確実に成長している。(偉そうですみません! オッサンの独り言ってことで許してね)

やっぱ伸び盛りの若者は違うなあ。俺はデビュー後(本格活動開始後)、果たしてこのペースで成長していけるだろうか。


SHINTANI&天ちゃんの共演(天ちゃんゴキゲンのギターソロ)も終わり、歌会第1部はめでたく終了。第2部(お客さん編)が始まった。

(S山さん、天ちゃん、小林さん他、凄腕のオジサマたちのナイスな演奏模様は割愛。すみません!)

さて、俺の番だ。緊張は... 少ししたかな。でももう慣れたもの。緊張すること自体に慣れてしまったという感じだ(良いのか悪いのか)。

小林さんの超高級アダマスをお借りし、ステージの椅子で入念にチューニング。けっこう時間を食っているが気にせず焦らずチューニング。

この日の俺の出番はかなり後のほうだったので、店はかなりざわつき、ステージへの注目は散漫だった。別に誰も俺のことを待ってはいない。じっくりマイペースでチューニングしてやった。

MC「えー、どうも大川です」。何人かがこっちを向く。初ゲストを無事終えたSHINTANIさんへ挨拶すると、彼女が素敵な笑顔を返してくれた。多少注目を集めたところで1曲目、『第4コーナー』開始。

 ♪ もう聞き飽きたわ アンタの口癖~
    「ゴールは目の前」って
     「もう第4コーナーだから」って~・・・♪

1番の最後、ちょっとしたオチにも笑い来ず。気にせず進む。
問題の2番。

 ♪ アンタほんと偉いわ 誰も見てないのに~・・・♪

いつものような足の震えは感じない(足を組んで固定したお蔭か)。でも代わり左腕に力が入っているのを感じた。肩から二の腕がガチガチ。でもプレーには直接関係ない。構わず進んだ。

一曲目、終了。(ふ~っ)

農家のステージはカウンター席よりちょっと低く、演奏者からは奥のほうはよく見えない。天ちゃんが「意外とみんな聞いてるよ」と励まして(プレッシャーをかけて)くれた。ありがとう。

2曲目、前回に続き『焚き火』。今回はちょっとは練習してきたので前回よりは余裕があった。ギターの響きを確かめながら、1フレーズ1フレーズ丁寧に歌っていると、少し、気持ちよかった。光の中で歌う自分に、少し、酔った。

客席を見るとカウンターの男女がこちらに背を向け会話を楽しんでいる。女性のほうがたまにチラっ、チラっとこっちを見る。よっし、もっとこっち見ろ! 初恋の中学生のようなトキメキ。でもあっけなくまた背中を向けられガッカリ(笑)。ま、こういうのが人前で歌う醍醐味だよな。

演奏終了。

やがて歌会も終わった。


今回は前回とは打って変わって、少しは楽しめたかな。ウケたわけではないし、客観的にはあまり変わってないと思うけど、今回は寒さをはねのけるだけの気力があった。やっぱ「守りよりも攻め」ってことだろうか。よっし、この調子で・・・


でもね、

たぶん、まだまだじらすよ。(笑)


          《歌会日記(4) おしまい》


Banner_02  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
   気長に応援してね!(笑)


|

« 曲づくり(2010秋) | トップページ | 第4コーナー »

07. ぷちぷちライブ」カテゴリの記事

コメント

凄いじゃない!ファミリーコンサート。
息子さんの踊りやリクエストがあっって。
うちは、今子供が大きいから、絶対あり得ないが。
子供が小さい時も、こんなに温かい雰囲気はなかったよ。
ギターはうるさいと言われ、ヒソヒソと弾いていた記憶が・・

投稿: 天ちゃん | 2010年12月 4日 (土) 13時25分

>天ちゃん
どうも(笑)。
こないだの農家音楽祭にはご家族は呼ばなかったんですか。DVD見ましたけど、あの勇姿、ご家族が見れば喜んだと思いますが(笑)。

子どもって歌詞の意味とかほとんど関係なく、音楽的にノレるかノレないかが大事なんですよね。リアクションも正直ですし、かなり手ごわいリスナーです。

投稿: takuya | 2010年12月 6日 (月) 10時33分

めずらしく家族全員見に来たよ。
でも、全然興味ないみたいで、ノーコメント。
「どうだ!」と聞いたら、「べーつに!」だってさ。

投稿: 天ちゃん | 2010年12月 6日 (月) 22時38分

>天ちゃん
ふふふ(笑)。
大人ってリアクションが素直じゃないですからね。
きっと心ではウケていたと思いますよ(笑)。

投稿: takuya | 2010年12月 7日 (火) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曲づくり(2010秋) | トップページ | 第4コーナー »