« 主夫の妻 | トップページ | お弁当づくり »

2011年9月 5日 (月)

痛感!小学校の壁

(過去記事「兼業から専業へ」のつづき?)
 
4月から息子が小学校に入って、主夫(主婦)ってのはやはり、これはこれで1つの職業なのかも、と思った。

例えば会社で言うと、主夫(主婦)ってのは、家庭内の管理職であり、子どもの教育係であり、雑多な事務処理係であり、さらに余裕があれば企画・イベント係...と続く。(もちろん料理人と清掃作業員の役目がメインなのだが、笑)

特に子どもの管理・教育は精神的にハードだ。朝おこして、夜ねかせて、テレビやめさせて、宿題させて、子どもの生活をマネジメントする。そして、ただガミガミいうだけではなく、次第に自分でできるようにもっていかなくてはならない。中長期的な展望が必要な仕事だ。 

あとは事務処理がキツイ。宿題の丸付け、教材費の支払い、写真の申し込みはいつまでだ、保護者会はいつだ... 学校からは毎日「おたより」が2~3枚はやってくるので、ちょっと気を抜くとすぐに書類の山。そういう事務処理が滞っていると、結局、子どもが学校で忘れ物をする、という形で結果に出る。子どもに対して、学校に対して、本当に申し訳ない気持ちになる。

保育園の頃は、朝と夜だけ世話をしたら、あとは保育園に丸投げだったので、自分は仕事が出来たし、保育園関係のことはあくまで仕事以外の雑用という感じだった。でも小学校でこれをやると、ほんとキツイ。やるべきことが後手後手になり、雑用がやってもやっても追いかけてくる。主婦業こそが本業と思ってやらないと、ほんと手抜かりだらけになってしまう。

もちろん個人個人の能力差があるから、家事も仕事もスマートにこなしてしまうスーパーウーマンもいるだろうが、俺は残念ながら相当どん臭い「仕事の出来ない人間」のようで...(泣)

一学期の終わり。子どもが通知表を持ってかえってきた。一番気になっていたのは「忘れ物」の欄。なんとか「よい」で切り抜けた。ほっ... やはり仕事に似た緊張感があるな。

2学期はもっと頑張ります!
 
 
Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
 

|

« 主夫の妻 | トップページ | お弁当づくり »

03. 「主夫」に関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

【追記】
なんか偉そうに書いてしまいましたが、現状では「事務処理」は半分ぐらい妻にやってもらっていますし、企画・イベントは完全に妻の担当です(苦笑)。じゃあ、お前は何やってんだ?と聞かれたら、う~ん、やっぱ御飯作りと掃除と洗濯、あとはガミガミ怒鳴る係ですかね(笑)。

投稿: takuya | 2011年9月 5日 (月) 12時03分

私は、提出物等は、手紙を持って帰ってきたその場で即座に処理することにしています。で、すぐ子どもに渡し、連絡袋に入れさせる、と。
投げられたボールを手元に置いておかずにすぐ次に投げる、ババはすぐ次に引かせる、って感じですかね。

プリント類は置き場を決めておき、期日が過ぎたりした不要なものはどんどん処分。子どものテストなんかもどんどん溜まるので、「記念にとっておくもの」だけ残して処分。なんていうふうにしています。

まあ、基本的な生活習慣、学校生活以外に、もちろん「教育そのもの」も考えなきゃいけないわけですが。

投稿: イヨ | 2011年9月 6日 (火) 22時59分

>イヨさん
お~、さすがベテラン主夫! すごく「仕事が出来る男」って感じですね! 実際それぐらい手際よくやらないと兼業は難しいですよね。よく「仕事は忙しい人に頼め」とか言いますし、デキル人は効率化のツボ(シメるところと緩めるところ)がわかっているんでしょうね~。

私もそれっぽいことは何となくやっているのですが、時と共にルールが崩壊しては仕切りなおし...の繰り返しでして(苦笑)。きっと精神的に主夫になりきれてない部分が足を引っ張っているんだと思います。「あと5分仕事やらせろ~」みたいな、それが10分、20分と延び、そこから家事の段取りが狂い、イライラして怒鳴り・・・ 

ケジメ、踏ん切り、諦め、開き直り... いろいろ考える今日この頃です。

投稿: takuya | 2011年9月 8日 (木) 12時33分

子供が小学生くらいになると、飯も食えるようになるし、トイレもいけるし、自分の時間が増えるんじゃないかと思ってましたよ。。。
それは大きな間違いなんですね。

投稿: もーまんたい | 2011年9月10日 (土) 15時58分

>もーまんたいさん
いや、まあ、それは、楽になる部分と新たな苦労とが常に入れ替わっていますんで...

あとは、その時の自分の精神状態によっても変わってくるんじゃないでしょうかね。一人目の子どもが小さい頃は、嬉しくて別に自分の時間なんて欲しいと思わなかったような気がしますけど、今は結構時間あるのに、子どもが寄って来ると「うっせー、あっち行ってろ!」とかね(苦笑)。

「主夫」に徹すれば、もっと楽しくなるのか否か... 現在お悩み中です(笑)。

投稿: takuya | 2011年9月11日 (日) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主夫の妻 | トップページ | お弁当づくり »