« もしも夜空が... | トップページ | ハウスダストと夫婦喧嘩とボイストレーニング »

2012年6月13日 (水)

政治的発言?

~ 原発再稼動について ~

経済、威張りすぎ。

何かと言えば、経済、経済...
安定供給、お金は血液、競争力...
いろいろ言い方はあるけれど...

昔、「戦争、戦争...」言ってた頃とすごく似ているのでは?
命よりも優先されてしまうという...

何年か先、何十年か先、
「あの時は狂ってたな」ってきっと思うよ。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« もしも夜空が... | トップページ | ハウスダストと夫婦喧嘩とボイストレーニング »

15. つぶやき」カテゴリの記事

コメント

【追記】 by takuya

たぶん政財界の人たちは、
そんなに悪気はないと思う。
何もなければそれが一番だし、
つい希望的観測に頼ってしまうんだよね。

わかるよ...

悲しむ人の顔は見ない、怒る人の声は聞かない。
ぼっとした人を見て安心し、喜ぶ人の顔が見たい。

 
わかるよ、すごく...
日本人だもの。変化に弱いんだよね。

革命、独創、道なき道...
そういうのは得意じゃない。
そういうのは日本人の持ち味じゃない。

欠点を補う必要はない。
長所を伸ばしていけばいい。
誰かに助けてもらいながら。

でも欠点が致命傷になってしまっては...
悲劇をなんとかここで食い止めたい...
 

投稿: takuya | 2012年6月13日 (水) 13時04分

ん!だね!

takuyaさんに一票!

投稿: 天ちゃん | 2012年6月14日 (木) 06時50分

>天ちゃん
ありがとうございます。coldsweats01

投稿: takuya | 2012年6月14日 (木) 11時24分

難しい問題ですね。「経済、威張りすぎ」…ホントそうなんだけど、現実問題オカネが無いと原発の廃炉も出来ないし、かわりのエネルギー資源を海外から購入することも出来ませんしねぇ。日本はホント資源無い国ですもんねぇ。原発は停止中も燃料棒冷やすのに電力使うし…「現実解としてエネルギー問題に特効薬はどこにも無い、昔も今もこれからも」というところでしょうか。
こういう時は「詞かき」?悩んでるって比較的、曲が出来るとか?…うぅ。やだ。自分の頭には難しすぎます…。
とりあえずグリーンカーテンなゴーヤとアサガオ育てます。つるつる。つるつる、にょきにょき、のびるのびろ。

投稿: すーうぃん | 2012年6月15日 (金) 10時17分

総理大臣が責任取ります等言ってますが
実際問題 総理大臣が100人掛かっても
責任など取れません
わたしたちが次の世代に
何をのこすのか?
今迄はいくら間違えても
その世代で修正出来た
然し原子炉は数世代先まで
巻き込む
良く考えて欲しい。

投稿: 竜くん | 2012年6月17日 (日) 14時42分

>すーうぃんさん
難しい話題にコメントありがとうございます。m(_ _)m
ですよね、ほんと一筋縄ではいかないと思います。

ただ、昔、翻訳の勉強がてら環境問題にかぶれていた者として思うのは、「日本、実に惜しいなぁ...」と。

自然エネルギーの資源(太陽光、風力、地熱、etc.)は無料ですし、技術はすでに十分あると聞きます。あとはお金や労働力をそこに集中すれば... 人々の気持ちさえ変われば...

変わらない変わらないと思っている世の中も、動く時はどどどっと動きますからね。インターネットとか禁煙とか、サッカーがこんなに人気になったりとか。

たぶんいずれ変わることでしょうが、どのタイミングで変われるかで痛みを最小限に抑えられると思うんです。実際、今のこのタイミングで変わらなかったら、いつ変わるんだ?って思いますが。(もう1、2回大震災が来なきゃダメなの?)
 
「反原発ソング?」... 難しいですよね。でも俺が作るとしたら、頑固な政治家さんたちが思わずほろっときてしまうような、思わず政策を変えてしまうような、そんな魔法のような癒しソングにしたいなぁ(笑)。

すーうぃんさんも何か作ってくださいよ。世の中がぐらっと揺れるようなコミック・ソングを(笑)。
 
 
>竜くん
助太刀コメント?ありがとうございます(笑)。m(_ _)m

弱者が重~い自己責任を負わされてるのに比べて、政治家の「責任」って、あまりにも軽いですよね。一時的に政治家を辞めればいいだけの話ですから。それで次の日から食うのに困るわけでもありませんし。
 
 

《↓ついでに言わせてくれ!笑》
 

「責任とる」と言うのなら、辞めるのはもちろん、罰金数十億とか財産没収とか、親族すべて数世代に渡って政治活動禁止とか、そのくらいの覚悟で言ってほしい。そうすれば「未来世代」という言葉に現実味が出る。政治家本人の子どもや孫が直接被害に遭うわけだから。


当面の問題じゃなく、もっと先のことを見据えて庶民を先導していくのが政治家じゃないのか。例えば、庶民が毎日の暮らしのために「原発動かせ!」って言っても、「いや、将来の日本のために今はちょっと我慢してくれ。必ずいい方向にもっていくから」と熱く説得するのが政治家であってほしい。


「原発を動かさないと困る人がいる... 中小零細企業や...」と言うけれど、そういう人たちの「原発動かせ!」というデモは見たことがない。そういう人たちが大規模デモをやって切実に「どうか原発を動かしてください」と懇願しているなら話は別だが... 庶民は意外と覚悟は出来ていると思う。庶民の中に芽生えている小さな勇気を吹き消さないでほしい。それこそ、上の人たちが「自然エネルギー」の方向で命令を出せば、大体の日本人は従うと思うよ。日本人は従順だから。そりゃ停電になってブーブー言う人もいるだろうけど、原発だって「反対派」がブーブー言ってるんだから、同じブーブー言われるなら、未来に希望がある方向でやってみたいよなあ...


せっかく本文記事を短くしたのに...(苦笑)。

投稿: takuya | 2012年6月18日 (月) 13時27分

ひょえっ…こ、こわい…。「子々孫々にまで責任を」って(^_^;)いや裸足で全力でゴメンナサ~イ!しながら校庭の端っこまで逃げちゃいましたぁ(ぶるぶる…)。こわいよう。だったら誰も彼も、いよいよ責任逃れの為に必死こくような…?(苦笑)
マジレスするとw所謂「自然エネルギー」はこれから、中長期の話では…?ただ各企業に助成金もつき易くなりそうないい感じもありそうです。
あと停電は真面目にヤバいっスょ!今原発全部止まって、外部電源で燃料冷却してるっしょ?その電源が停電で失われたら又、大惨事じゃないかって超・心配しちゃうんですけど(ぶるぶる・その2)
個人的に懸念しているのは人材育成…「原子力」のイメージが地におちた中、有能な若人が原子力技術の研究を志望しなくなるのが心配…何しろ原発の廃炉は最低10年?これから何十年もかかる話なので、若手技術者の育成には力を入れていくべきだよねぇとか。
やっぱり原子力技術者育成推進の唄を作ってみようかなぁ?出来るかな?今一緒に仕事してる他社の人が元・原子炉設計者さんでメッチャいい人で凄く優秀な方なんです。「もしこの人がン10歳若かったら」…あ。出来そう?出来なかったらスミマセン(^_^;)

投稿: すーうぃん | 2012年6月18日 (月) 19時49分

>すーうぃんさん
どうも。coldsweats01
俺、言い過ぎました?(笑)

たぶん、ってかもちろん冷却装置の電源は最最優先なので、そこが停電ってことはないと思いますが... 怖いですね。

人材の育成に関しては、テレビで誰かが、「日本はこの悲劇を生かして、廃炉技術で世界一になればいい」と言っていました。これなら原子力の脅威から日本や世界を救う本当にやり甲斐のある分野なので、優秀な若者も集まるような気がします。

いずれにしても不安定な時代。正解を出すのは難しいですよね。でも、歌うたいの端くれとして、今回は思っていることを書いてみました(コメント欄に、ってところが小心者ですが... 笑)。

「原子力技術者育成推進の唄」、楽しみにしてますね!

投稿: takuya | 2012年6月18日 (月) 23時43分

日本は燃料資源に乏しいから…って、原発を動かすためのウランも輸入モノだからね。

電力会社や国は「原発を動かさないと電気が足りない」っていうけど、それ以外の発電方法の開拓にどれだけ真剣に取り組んできたのか(少なくとも3.11以降の1年半の間だけでも)彼らの怠慢を告発したい。

誰かの格言にこんな言葉があったのを思い出した。
「人類は、この地球が自分達一世代のみの所有物ではないことを忘れがちである」

今日および将来の人類(だけじゃなく全生物)に生存のリスクを負わせてまで続ける発電方法って?

電力会社の金もうけのために、安全な生活と子どもの未来を踏みつけにされるのはまっぴらです。

投稿: コマっち | 2012年7月17日 (火) 00時51分

>コマっちさん
本当にそうですね。たぶん「正論」としては完全に俺たち(反原発派)に分があるのでしょう。だから「彼ら」はあの手この手で「ズル」をする。

でも上にいるのは彼らであり、彼らは「力」を持っている。もう何回、俺たち(心ある庶民)は、その力に巧みにねじ伏せられてきたことか...

それでも彼らも人間... 肩書きを外せばたぶん、心が動くポイントは俺たちとほとんど同じはず...

なんとか分かってもらいたいですよね!

投稿: takuya | 2012年7月17日 (火) 16時06分

上にいる彼らの力を、下々の庶民の力が上回った時には、世の中がゴロっと変わってきたのでしょうね。そういうことは歴史上たまにしかなかったけど、今がそういう「たま」に当たるんでしょう。

彼らも肩書を外せば…ってお話がありましたが、少し前のNHKスペシャルで福島原発事故の検証番組をやってましたが、原発の企画・推進・安全対策に中枢で関わった人々(今はOB)が口々に「当時から問題を感じていた」「危険なことだと思った」みたいなコメントを真面目にしているんです。そんな良心的な人々がスタッフにいながら、なぜ安全神話の暴走を止められなかったのか。やはり利潤や権力がからむ立場にいると、その良心は発揮されないのだと確信しました(ソフトバンクの孫さんなんて例外中の例外かと)。

つまり、原発にストップをかけさせるのは、そういう権力や利潤とは無縁の、私たち一般庶民がしかいない、ということでしょう。結局。

投稿: コマっち | 2012年7月17日 (火) 21時25分

>コマっちさん
私の感覚としては、まだまだ庶民の力が支配層を上回るまでにはなっていないと思うのですが、その兆しは確かに感じられますね。こんな俺でも(いつも傍観者な俺でも)、デモに行ってみる気になったくらいですから。

肩書きを外せば...って話は、想像ですけど、原発に利害関係がある人たちも、本当の「悪玉」はほんの一握りの上の方だけで、大抵の人たちは「できることなら人生やり直したい」ぐらいに思ってるんじゃないかな、と。あるいは「原発は必要」というふうに長年マインドコントロールされてしまっているとか...

もちろん今は「攻め時」ですから、彼らの非をガンガンに攻め立てるべきだと思いますが、それだけではなく、彼らが退きやすい雰囲気作りというか、「太陽政策」というか。

きっと時代が脱原発の方向へ変わったら、原発推進派だった議員たちもケロっとした顔で「私は初めから自然エネルギーに目をつけていた」とか言い出すでしょうが、ま、それはそれでいいじゃないですか(笑)。

投稿: takuya | 2012年7月19日 (木) 14時29分

後半、まったく同意です。

投稿: コマっち | 2012年7月24日 (火) 17時52分

>コマっちさん
ありがとうございます。coldsweats01
いつかコマっちさんと語り合ってみたいです。
政治の理想と現実、そして理想について...。

投稿: takuya | 2012年7月25日 (水) 05時43分

語り合いたいですねヽ(´▽`)/

なんか青春の響きを感じます。

投稿: コマっち | 2012年7月29日 (日) 18時21分

>コマっちさん
ふふふ...どうも。coldsweats01

投稿: takuya | 2012年7月30日 (月) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしも夜空が... | トップページ | ハウスダストと夫婦喧嘩とボイストレーニング »