« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

この期に及んで...

先日、都内某所、とある高級マンションの一室。俺はあるボイトレ教室を訪ねた。先生は去年の夏と同じ。ボイトレ本を何冊も出している業界の第一人者(たぶん)。綺麗な女性だ。今回は30分の完全プライベートレッスン。俺はレッスン生として正式入会したわけではなく、DVD教材を買った特典として、単発のレッスンを受けに来た。

あいさつもそこそこに早速レッスン開始。まずはDVD教材に関する質問タイム。俺は普段の自主トレで気になっていたことをいくつか質問した。それに先生はサクサクと簡潔に答えていく。「はい、わかりました。m(_ _)m」と俺。

そしていよいよ声出し。ブレスの確認をしてからチェストボイス(中低音)の練習だ。ピアノの伴奏に合わせて

 ma ma ma ma ma ♪
 a a a a a ♪

と、簡単なスケールを歌っていく。伴奏は段々低くなり、次に段々高くなる。家でいつもやっているのと同じなので、とりあえず無難にこなした。先生も「まあまあ」出来ていると。ただ、やはり高音に行くと少し力が入っているらしい。


で、次にファルセットの練習。これが出来なかった(泣)。家では何とかそれなりに出来ているつもりだったのだが...

まず響いてる場所が違う。俺のは喉のあたりで響いてしまっているが、正しくは鼻の前あたりで響きを感じなくてはならない。確かに俺のは喉で響いている感じがするが...(で、どうすりゃいいの?)

口から下は完全に力を抜いておかなくてはならない。声を出す前の何もしていない体の状態。それを微動だにさせず、鼻(顔の前面)だけで音が舞う感じ。

息を吸いすぎてはいけない。息を奥まで吸うとそれを出す時に「うっ」っとなる。それがもう「無駄な力」が入っている証拠。空気の流れはほんの口先だけ。響いているのは鼻だけ。それが正しいファルセットらしい。

言われたことをイメージして何とかやってみるが、ちょっとでも頑張ると「はい、力入ってる!」と即ダメ出し。言われてみれば、まあ確かにちょっとは力が入った気がしないでもないが...(汗)。

ちょっとでも「引っ掛かり」を感じたら即アウトなのだ。息(声)の流れが一切抵抗を受けてはいけない。


先生にはすべてが見えている。俺は自分の体なのに、わからない。先生の言葉だけを頼りに、自分の内側の感覚を暗中模索する。雲をつかむような、繊細で微妙な技術だ。

夏のグループレッスンでも思ったことだが、今回のプライベートレッスンで確信したことがある。

 こりゃ、ちゃんと通わなきゃ絶対に身につかない!

家で1人でCDやDVDで練習してても、正解が分からないのだから直しようがない。正解は、とりあえず先生しか知らない。

夏以来、俺がやってきたことは、ほぼ無意味(泣)... ってこともないと思うけど、ファルセットに関しては、やらないほうが良かったぐらいかも...

俺が最初にした質問もズレていた。質問したのは、正しいファルセットができるようになってからの話(声帯のコントロール)。まだまだそんな段階じゃなかった(苦笑)。

声帯の繊細な動きを感じとるためには、それ以外の部分がシ~ンと静まり返っていなくてはならない。まずはその状態で声を出せるようにならないと、微妙なことは何もわからないのだ。

ここで教えているのは「何とな~く少しは声が出るようになった気がする」とかいう、気分的で曖昧なボイトレではない。ここには、明確なスキルとしての発声を習得する本物のボイストレーニングがあった。


たった30分。あっという間にすぎた。結局、ファルセットについては自分がダメだということが分かっただけ。でもいつも先生がメルマガ等で言っているように、「ダメなことに気づくことがスタート」だ。『力を抜いて』というタイトルのついたこのブログがもうすぐ終わるというのに... 今ようやくスタートライン(苦笑)。


どうする... これから。

これが身についたら凄いことになると思うが...


10年前なら...

英語のガリ勉に大枚をはたく前なら...

今はちょっと、このお金は出ない...
(いや、お金の問題じゃない)


もう少し「デビュー」を遅らせるか...


いや、そんなわけにはいかない!

だってもう、信号は青なのだから...


この道は何度も何度も通った道。何かを習って、何らかのものを得て、それでおしまい。どこにも行けない。俺はいつも順番が間違っているのだ。

まず飛び出さなくては!

新しい道へ。

何も持たずに... 行きたい場所へ。


恥ずかしい歌、みっともない歌声、かもしれない。

でも心を込めて歌うしかない...


そんなことを思いながら電車に揺られる家路。i-pod のイヤホンからは、絢香が気持ちよ~くファルセットを操る歌が聞こえていた(苦笑)。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

 (→参考記事:『禁断の手』)

| | コメント (11)

2013年2月22日 (金)

妻が望んでいるのは...

男女平等ではない。たぶんそれ以上の待遇を求めている。男と同じ給料をもらい、家族を養っているという事実だけでは満足できないのだ。

おそらくは九州男児、古き良き昭和の父親像が頭にあるのではなかろうか。日曜は朝からゴルフに行き、気が向いたときだけ「男の料理」を作り、家事と育児は妻に任せきりで、気に入らないことがあると鶴の一声で口を出す。そんな「男の中の男」の座を手に入れるまでは勝った気がしないのだろう。

女が男女平等を掲げるときの真の狙い。それは「両者引き分け」ではない。男女逆転の完全勝利なのだ。

一方...(そっちがその気なら...)

俺が望んでいるのも、いわゆる男女平等ではない。たぶんそれ以下の、おいしい立場を求めている。女と同じように、働かずに食っていけるという事実だけでは満足していない。

おそらく、ワイドショーの再現ドラマなどに出てくる古き良き昭和のオカン、それが頭にあるのだろう。煎餅かじりながらケツをぽりぽり... 夫を働かせるだけ働かせて「給料が少ない!」と尻に敷き、アメとムチで子どもたちの上に君臨する堂々とした肝っ玉かあさん。そんな「オカンの中のオカン」になってこそ、主夫になった甲斐があるってものだ。

俺が男女平等を掲げるときの真の狙い。それは「女性が可哀想」というフェミニズムではない。自分がもっと楽をしたい。嫌な仕事などせず、狭い家の中で威張っていたいという、一般社会からの完全撤退なのだ。

これもまた1つの男女平等。これでこそ社会全体のバランスも取れる...

--------------------


ってなことを考えながら長年喧嘩をしています(笑)。

巷ではイクメンだ、男女共同参画だと騒いでいますが、現実にはまだまだ多くの家庭が昔ながらの家庭構造(男は仕事・女は家庭)で生活を回しているわけで、実際に上記のような羨ましいご身分の保守系男女がたくさんいるからには、それを真似したい「強い女(弱い男)」が出てくるのも当然かと。

思うに、成長経済が行き詰まり、若年失業者が溢れるこの時代に、果たして共働きは必要なのでしょうか(各家庭の事情はさておき、社会全体の幸福感から考えて)。

親戚や保育施設をフル稼働させ、分単位のスケジュールで生活を回していく綱渡りのような毎日。子どもがインフルエンザになろうものなら万事休す。そんな疲れる男女平等なら要らない、というのが我家の見解です。

いずれにしても俺たち2人が選んだ道。数々の喧嘩の甲斐あって、お互いの待遇は徐々に改善されてきています。それぞれの理想の暮らしまで、もう少しです!(ホントか?笑)


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


| | コメント (2)

2013年2月18日 (月)

妻の好きなところ

(一応これも書いておこう... 笑)

大学時代、俺が始めたバンドサークルに妻は女1人で乗り込んできた。部室代わりにしていた俺の安アパートにも平気で出入りし、男4~5人に混じって朝までバカ話に打ち興じていた。その大胆さ、屈託のなさこそ、当時俺が求めていた理想の女性像。男女の別なく本音で語り合える仲間として、俺は妻を大歓迎した。

当時はバブルだったが、高価な服やブランド物とは無縁の女。そもそも女を感じさせない着こなしが見事だった(笑)。父親が死んだばかりで家は貧乏。バイトと奨学金で学生生活を送っていた。根がボンボンな俺の目には、滅茶苦茶カッコいい苦労人に映った。

好き嫌いもはっきりしていた。好きなものはバンドの「たま」。そういう「変なもの」を愛するところもカッコいいと思った。自分の好きなものに対するプライドが半端じゃない。

あるチェーン系喫茶店のバイトの説明会。若くてやり手のイケイケ店長が「やる気のないヤツは今すぐ出て行ってくれ!」と檄を飛ばしたら、本当に出てきてしまった妻(笑)。俺だったら、自分には向いてないと思いながらも、とりあえず限界まで頑張ってしまうところだ。

人と違うことをする度胸、開き直り。建前でなく本質を見抜く目。「どこが悪いの?」という、あっけらかんとした生き様が輝いていた。shine


ところが今は...

俺が好きだったあの豪快さはまるで発揮されていない。

妻が恐れているもの ― 放射能、中国野菜、食品添加物、アメリカ牛、鳥インフルエンザ、生卵(サルモネラ菌)、自転車の3人乗り、いじめ、恥をかくこと...

俺が「あの頃のお前は...」的なことを言うと、妻は「う~ん、あの頃はヤケクソでね~」と笑う。あの快活さは、大学生活に馴染めず、不幸のどん底気分だった故の蛮行(英断?)だったと。

本来の妻は、例えば小学生のとき、ドッヂボールではいつも逃げてばかりいたらしい。逃げて逃げて、いつも最後の1人に残っていたので、得意だったとも言えるのだが、本人は怖くて怖くてドッヂボールは大嫌いだったと言う。

「人生とは逃げること、逃げ切ること!」。そんな人生観が伝わってくる微笑ましいエピソードだ(笑)。


きっと今は幸せなのだろう。守るべきものがたくさんある。それはいいことだ。

きっといざという時、本当に窮地に追い込まれた時、妻はまた、底知れぬ力を発揮するに違いない。

でもまあ、妻の肝っ玉が全開になるような大ピンチには、出来れば陥りたくないよな(笑)。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


| | コメント (2)

2013年2月15日 (金)

理想の女性

まさかこんな形で出会うとは...

もてないくせに変にプライドが高く、あまり女性をちやほやしたことのない俺だが、今回ばかりは完敗だ。

顔もスタイルも最高。性格の悪さも許せてしまう。

「君に恥をかかせちゃいけない」。そればかりを考えている。これって愛だろ? 「康介さんを手ぶらで帰すわけにいかない」みたいな。愛する人のプライドを守らなくてはという使命感。こんな気持ちは初めてさ。

かけっこでビリを一生懸命走っている姿に切なくなり、発表会で見せた弾ける笑顔に驚く。ちょっと遠くから見る君はまた格別に眩しい。

朝の弱い君をお姫様抱っこでテーブルまで運ぶ俺。遅刻しそうな時には、トイレに座らせながら靴下を履かせる...

あぁ、娘よ。

君は後にも先にも、俺が唯一跪いた女だろう。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

理想の曲づくり

昔聞いた筋肉少女帯の大ケン(大槻ケンヂ)の曲づくり。

メンバーと一緒にスタジオに入り、心に浮かんだイメージを口頭で伝える。それをメンバーが「こう?」とか「こんな感じ?」とか言いながら音で表現。大ケンは「そうそう」とか「ちがーう!」とか言いながらストーリーを進めていく。

「はい、そこにマンモス登場! ギターっ!どうすんだ! ドラムは~っ!」など、鬼監督の妄想をメンバーは必死に曲に仕上げていく...(笑)。

いいな~、これ。


数年前に知った小林万里子という「ものすごい」ブルースシンガーも、鼻歌を口ずさめば相方のギタリストが曲にしてくれるらしい。ほとんど「あ・うん」の呼吸だとか。

マイケル・ジャクソンもそんな感じで曲を作っているのをユーチューブで見たことがある。「ドラムはこんな感じ...」とか「ベースはこう...」とか、全パートを口で表現していた。

メンバー。相方。音楽仲間...

俺もいつかは、こんな夢のような曲づくりをしてみたい。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

...溺れかけたときはもがけばもがく程深みにはまるものであり、捨て身になって流れに身を任せれば、やがて浅瀬に立つことができる... (故事ことわざ辞典

ダイソー(100円ショップ)で買った『週めくり格言カレンダー』 。
今週の格言がこれ。

43歳の誕生日に、この言葉を自分に贈ります(笑)。

wink 
Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


| | コメント (2)

2013年2月 6日 (水)

小休止

妻と息子(8歳)のインフルエンザが娘(5歳)を経由して俺を脅かしている。おとといの夜ぐらいから調子が悪い(目、頭、喉など)。熱はずっと37度前後。朝夕の食事の支度は妻に任せ、日中もなるべく寝て過ごしているので、なかなか熱が上がってこない。このまま発症せずに快方に向かうのか...

『育休編』終了まであと少し。焦らずゆっくり寝ていよう。
 

Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (5)

2013年2月 4日 (月)

ズレはじめたのは...

高校生の頃、ちらっとだけ、ロックスター(ミュージシャン、アーティスト)になりたいと思った。しかし地味で真面目な俺にとって、それはあまりにも大それた野望...

大学行ってバンドをやろう。それが精一杯の選択だった。

爆風スランプのサンプラザ中野や聖飢魔Ⅱのデーモン小暮がW大学出身ということで、「頭いいくせにバカやっててカッコいいな」と思い、俺も大学行ってバカやってれば、何か道が開けるのではと...

さらに、そういう有名大出身のアーティストたちは、かなりの割合で中退している。俺もせめて留年ぐらいはと...

別に文句を言うわけではないが、こういう人たちの上っ面だけを真似た結果が... こうである(苦笑)。

若者諸君、よく見ておくがいい(笑)。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

好きな歌詞(8)


『旅人よ ~The Longest Journey~』 唄:爆風スランプ
   (作詞:サンプラザ中野 作曲:パッパラー河合)

     カッコ悪い道を選んだ男~

       カッコ悪い夢を選んだ男~♪


何かの拍子で落ち込んで、音楽やってることが急に恥ずかしくなったとき、こんなふうに生きてることが無性に恥ずかしくなったとき、この歌を思い出すと、ほんと力が湧いてきます。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »