« 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ | トップページ | 理想の女性 »

2013年2月13日 (水)

理想の曲づくり

昔聞いた筋肉少女帯の大ケン(大槻ケンヂ)の曲づくり。

メンバーと一緒にスタジオに入り、心に浮かんだイメージを口頭で伝える。それをメンバーが「こう?」とか「こんな感じ?」とか言いながら音で表現。大ケンは「そうそう」とか「ちがーう!」とか言いながらストーリーを進めていく。

「はい、そこにマンモス登場! ギターっ!どうすんだ! ドラムは~っ!」など、鬼監督の妄想をメンバーは必死に曲に仕上げていく...(笑)。

いいな~、これ。


数年前に知った小林万里子という「ものすごい」ブルースシンガーも、鼻歌を口ずさめば相方のギタリストが曲にしてくれるらしい。ほとんど「あ・うん」の呼吸だとか。

マイケル・ジャクソンもそんな感じで曲を作っているのをユーチューブで見たことがある。「ドラムはこんな感じ...」とか「ベースはこう...」とか、全パートを口で表現していた。

メンバー。相方。音楽仲間...

俺もいつかは、こんな夢のような曲づくりをしてみたい。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ | トップページ | 理想の女性 »

08. 曲づくり&オリジナル歌詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ | トップページ | 理想の女性 »