« 妻が望んでいるのは... | トップページ | お気に入り編集テープ »

2013年2月26日 (火)

この期に及んで...

先日、都内某所、とある高級マンションの一室。俺はあるボイトレ教室を訪ねた。先生は去年の夏と同じ。ボイトレ本を何冊も出している業界の第一人者(たぶん)。綺麗な女性だ。今回は30分の完全プライベートレッスン。俺はレッスン生として正式入会したわけではなく、DVD教材を買った特典として、単発のレッスンを受けに来た。

あいさつもそこそこに早速レッスン開始。まずはDVD教材に関する質問タイム。俺は普段の自主トレで気になっていたことをいくつか質問した。それに先生はサクサクと簡潔に答えていく。「はい、わかりました。m(_ _)m」と俺。

そしていよいよ声出し。ブレスの確認をしてからチェストボイス(中低音)の練習だ。ピアノの伴奏に合わせて

 ma ma ma ma ma ♪
 a a a a a ♪

と、簡単なスケールを歌っていく。伴奏は段々低くなり、次に段々高くなる。家でいつもやっているのと同じなので、とりあえず無難にこなした。先生も「まあまあ」出来ていると。ただ、やはり高音に行くと少し力が入っているらしい。


で、次にファルセットの練習。これが出来なかった(泣)。家では何とかそれなりに出来ているつもりだったのだが...

まず響いてる場所が違う。俺のは喉のあたりで響いてしまっているが、正しくは鼻の前あたりで響きを感じなくてはならない。確かに俺のは喉で響いている感じがするが...(で、どうすりゃいいの?)

口から下は完全に力を抜いておかなくてはならない。声を出す前の何もしていない体の状態。それを微動だにさせず、鼻(顔の前面)だけで音が舞う感じ。

息を吸いすぎてはいけない。息を奥まで吸うとそれを出す時に「うっ」っとなる。それがもう「無駄な力」が入っている証拠。空気の流れはほんの口先だけ。響いているのは鼻だけ。それが正しいファルセットらしい。

言われたことをイメージして何とかやってみるが、ちょっとでも頑張ると「はい、力入ってる!」と即ダメ出し。言われてみれば、まあ確かにちょっとは力が入った気がしないでもないが...(汗)。

ちょっとでも「引っ掛かり」を感じたら即アウトなのだ。息(声)の流れが一切抵抗を受けてはいけない。


先生にはすべてが見えている。俺は自分の体なのに、わからない。先生の言葉だけを頼りに、自分の内側の感覚を暗中模索する。雲をつかむような、繊細で微妙な技術だ。

夏のグループレッスンでも思ったことだが、今回のプライベートレッスンで確信したことがある。

 こりゃ、ちゃんと通わなきゃ絶対に身につかない!

家で1人でCDやDVDで練習してても、正解が分からないのだから直しようがない。正解は、とりあえず先生しか知らない。

夏以来、俺がやってきたことは、ほぼ無意味(泣)... ってこともないと思うけど、ファルセットに関しては、やらないほうが良かったぐらいかも...

俺が最初にした質問もズレていた。質問したのは、正しいファルセットができるようになってからの話(声帯のコントロール)。まだまだそんな段階じゃなかった(苦笑)。

声帯の繊細な動きを感じとるためには、それ以外の部分がシ~ンと静まり返っていなくてはならない。まずはその状態で声を出せるようにならないと、微妙なことは何もわからないのだ。

ここで教えているのは「何とな~く少しは声が出るようになった気がする」とかいう、気分的で曖昧なボイトレではない。ここには、明確なスキルとしての発声を習得する本物のボイストレーニングがあった。


たった30分。あっという間にすぎた。結局、ファルセットについては自分がダメだということが分かっただけ。でもいつも先生がメルマガ等で言っているように、「ダメなことに気づくことがスタート」だ。『力を抜いて』というタイトルのついたこのブログがもうすぐ終わるというのに... 今ようやくスタートライン(苦笑)。


どうする... これから。

これが身についたら凄いことになると思うが...


10年前なら...

英語のガリ勉に大枚をはたく前なら...

今はちょっと、このお金は出ない...
(いや、お金の問題じゃない)


もう少し「デビュー」を遅らせるか...


いや、そんなわけにはいかない!

だってもう、信号は青なのだから...


この道は何度も何度も通った道。何かを習って、何らかのものを得て、それでおしまい。どこにも行けない。俺はいつも順番が間違っているのだ。

まず飛び出さなくては!

新しい道へ。

何も持たずに... 行きたい場所へ。


恥ずかしい歌、みっともない歌声、かもしれない。

でも心を込めて歌うしかない...


そんなことを思いながら電車に揺られる家路。i-pod のイヤホンからは、絢香が気持ちよ~くファルセットを操る歌が聞こえていた(苦笑)。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

 (→参考記事:『禁断の手』)

|

« 妻が望んでいるのは... | トップページ | お気に入り編集テープ »

05. 「歌」に関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、西脇と申します。

音楽・歌う事って楽しいですよね^^

僕は、AKIさんのMFを受講していますが基本的には独学です。

脱力とは筋肉のチカラを抜くことではなく、
骨格で歌うことだと私は理解しています。

人体の解剖図を見て研究してから、ボイトレの先生に具体的な筋肉や部位を示してもらうのが分かり易いと思いますよ^^


僕も歌の研究を頑張りますね!


投稿: 西脇 | 2013年3月 1日 (金) 19時26分

>西脇さん
おぉ、西脇さんって、あの「歌う怪獣」の...(笑)。
はじめまして!コメントありがとうございます。
(遅レスですいません)

AKIさんのブログは僕も愛読してますよ。
http://ameblo.jp/akogaremusician/

「骨格で歌う」、「人体解剖図」...って、
これまた難しそうですね...(汗)。
発声にもいろいろな流派があるらしいですからね~。

お互い頑張りましょう!

投稿: takuya | 2013年3月 4日 (月) 06時26分

お久しぶりです。「グッドマンのおばちゃん」です(笑)
う~ん。発声…ボイトレ…わからない(^-^;
何せ以前申し上げた通り「野球場やサッカー場で応援の声をブッ飛ばす」発声法でやってきちゃってるんで…まぁよくスポーツの実況放送で声が入っているらしいです。会社を早引けしてスポーツ競技場に行くとバレるという(苦笑)
とりあえず「歌詞がちゃんと伝わる」様に歌えばいいのかなぁ?好きな歌い手の歌をやたら真似したり、当面自分はこんなまんまかしらん?(とほは)

投稿: すーうぃん | 2013年3月 4日 (月) 20時05分

あっそうだ!よく考えてみれば自分にも「先生」は居ました。名前も知らないおじさん達だけど。
それこそ20年以上前のプロ野球場って、一杯「野次将軍」が居たものであります。で自分が客席で、まだか細い女声で「…かっとばせぇ…」とか言ってると「何だネェチャン(当時はまだ若かったw)、元気無いな。もっと腹に力入れて心をこめて~イチ、ニッ、サン、ソレッ!かっとばせーっ!」みたいな「指導」が、近くに居る見ず知らずのおじさん達から入るんですよ(笑)。そのうち声が出るようになると「ネェチャン声は合格や。だがタイミングが悪い…えぇか?ワシについて来い」とかね(^-^;
何よりいいのは上手く声が飛ばせると「ええぞネェチャン!一杯おごろか?」…ビールを飲ませて貰える。そりゃあ嬉しくて嬉しくて、必死になって声出しを勉強しちゃいました(笑)
…あのおじさん達、どうしてるかな?今の自分は「おごる」側ですが、どうも「後進」が見つかりません(泣笑)

投稿: すーうぃん | 2013年3月 4日 (月) 21時08分

>すーうぃんさん
どうも、お久しぶりです。happy01

いいですね~、野球場でのボイトレ(笑)。そういう「現場」での実地訓練が一番ためになりますよね!

でも、すーうぃんさんの歌声、なにげに良いですよね。とても野球の野次だけで鍛えたとは思えません(笑)。

あとは、あれだけの歌詞を絶対噛まないのもすごいなあ。見習わなくては!(野次将軍の「後進」は遠慮しときますが...coldsweats01

投稿: takuya | 2013年3月 5日 (火) 17時17分

おほめにあづかり光栄…ではありますが。

この間、めいっぱい噛みました…(><。)。。

噛んだ挙げ句、歌詞とっちらかりました…(T_T)

…えと。気分を変えて(汗)
いや声の質も野球場仕込みなんです、きっと。
何しろ選手には観客の顔などわかりません。しかし声は聞こえます。そこで「女子応援」の基本は「若々しく高いトーンの澄んだ声」になります。おばさんくさいガラガラ声やシワガレ声では、若い選手の励みにならないとされています(苦笑)。
かくて「顔がシワだらけになろーが、中年太りでウェストが胸よりデカくなろーが、かまへん!声だけ若い可憐な女子みたいに聞こえたらえぇんやぁ~」…いや、失礼しました(笑)

投稿: すーうぃん | 2013年3月19日 (火) 01時43分

>すーうぃんさん
なるほど~(笑)。俺はてっきりオジサン風のガラガラ声で野次を飛ばしているのかと...(失礼!)

そう言えば、すーうぃんさんの歌声は大きく分けて2つありますよね。コミカルなおとぼけ声と美しい裏声(ファルセット)。2つを使い分けた「掛け合い漫才」みたいな曲もありましたよね(笑)。

恐るべし、野球ボイトレ!

投稿: takuya | 2013年3月19日 (火) 06時57分

初めて書き込みます。
yokoと言っても、洋子ではありません。
同じ受講生の横山です。
大川さんのブログを読み進めるにつれて、二人っきりでディープな話ができれば、と思い始めている私がいます(笑)

投稿: yoko | 2014年10月31日 (金) 13時04分

>yokoさん
どうも。happy01
ブログ初訪問&コメントありがとうございます。
ディープな話、是非しましょう!(笑)

投稿: takuya | 2014年11月 1日 (土) 20時32分

記事を読んで自分のレッスン開始時のことを思い出し、思わず書き込みしてしまいました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: yoko | 2014年11月 5日 (水) 16時40分

>yokoさん
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします。

投稿: takuya | 2014年11月 6日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻が望んでいるのは... | トップページ | お気に入り編集テープ »