« 理想の女性 | トップページ | 妻が望んでいるのは... »

2013年2月18日 (月)

妻の好きなところ

(一応これも書いておこう... 笑)

大学時代、俺が始めたバンドサークルに妻は女1人で乗り込んできた。部室代わりにしていた俺の安アパートにも平気で出入りし、男4~5人に混じって朝までバカ話に打ち興じていた。その大胆さ、屈託のなさこそ、当時俺が求めていた理想の女性像。男女の別なく本音で語り合える仲間として、俺は妻を大歓迎した。

当時はバブルだったが、高価な服やブランド物とは無縁の女。そもそも女を感じさせない着こなしが見事だった(笑)。父親が死んだばかりで家は貧乏。バイトと奨学金で学生生活を送っていた。根がボンボンな俺の目には、滅茶苦茶カッコいい苦労人に映った。

好き嫌いもはっきりしていた。好きなものはバンドの「たま」。そういう「変なもの」を愛するところもカッコいいと思った。自分の好きなものに対するプライドが半端じゃない。

あるチェーン系喫茶店のバイトの説明会。若くてやり手のイケイケ店長が「やる気のないヤツは今すぐ出て行ってくれ!」と檄を飛ばしたら、本当に出てきてしまった妻(笑)。俺だったら、自分には向いてないと思いながらも、とりあえず限界まで頑張ってしまうところだ。

人と違うことをする度胸、開き直り。建前でなく本質を見抜く目。「どこが悪いの?」という、あっけらかんとした生き様が輝いていた。shine


ところが今は...

俺が好きだったあの豪快さはまるで発揮されていない。

妻が恐れているもの ― 放射能、中国野菜、食品添加物、アメリカ牛、鳥インフルエンザ、生卵(サルモネラ菌)、自転車の3人乗り、いじめ、恥をかくこと...

俺が「あの頃のお前は...」的なことを言うと、妻は「う~ん、あの頃はヤケクソでね~」と笑う。あの快活さは、大学生活に馴染めず、不幸のどん底気分だった故の蛮行(英断?)だったと。

本来の妻は、例えば小学生のとき、ドッヂボールではいつも逃げてばかりいたらしい。逃げて逃げて、いつも最後の1人に残っていたので、得意だったとも言えるのだが、本人は怖くて怖くてドッヂボールは大嫌いだったと言う。

「人生とは逃げること、逃げ切ること!」。そんな人生観が伝わってくる微笑ましいエピソードだ(笑)。


きっと今は幸せなのだろう。守るべきものがたくさんある。それはいいことだ。

きっといざという時、本当に窮地に追い込まれた時、妻はまた、底知れぬ力を発揮するに違いない。

でもまあ、妻の肝っ玉が全開になるような大ピンチには、出来れば陥りたくないよな(笑)。


Banner_02  にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


|

« 理想の女性 | トップページ | 妻が望んでいるのは... »

14. 雑談」カテゴリの記事

コメント

魅力的な奥さまですね!
興味あります。
(変な意味じゃないですよ。)
いつか「農家」会えるのを楽しみにしています。

投稿: あまちゃん | 2013年2月19日 (火) 06時50分

>あまちゃん
どうも...coldsweats01

妻はこれを読んで「前半だけにしておいてくれればいいのに...」と笑っていました。特に反論はないようです(笑)。

投稿: takuya | 2013年2月20日 (水) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理想の女性 | トップページ | 妻が望んでいるのは... »